スウォンジー対アーセナル レビュー【16-17プレミア21節】

プレミアリーグ

2017/01/14 スウォンジー対アーセナル 0-4

image

ベジェリンが負傷したため、右SBにガブリエルが入る。
ほぼ予想通りのフォーメーション。

前半、スウォンジーのプレスが苦しく、アーセナルはなかなかチャンスを作れず。
むしろ、低い位置でパスカットされてカウンターを食らう場面も。

以前の記事【アーセナル ボランチコンビ考察】で書いたとおり、
ジャカラムジーのボランチコンビはバランスが悪く、
特に守備では全然機能せず、相手の攻撃をたびたび許す。
なんとか、コシェルニームスタフィのコンビが安定しているため失点まではつながらず。

ベジェリンがいない右SBに入ったガブリエルは攻撃ではあまり期待できないが、
守備は割と安定するため、攻撃的なボランチコンビを補うにはちょうどよいかも。

結果は圧勝ではあるが、前半はまったく攻撃が機能せず、
ハーフタイムで切り替えて、後半に入ってようやくエンジン始動といった感じ。
怪我人が多いとはいえ、優勝を狙うチームであれば、
前半に2点くらい取って、余裕で勝利という試合をもう少し見たいもの。

気になるのは、エジルが12月からいまいち調子が上がらないこと。
シーズン前半はアシストよりも得点を決めてて、それはそれでよかったが、
ここ数試合もチャンスを生み出すパスが少ない気がする。
昨シーズンの好調時の印象が強すぎるだけなのか。

ここのところチャンスが少ない印象なので、
12月からのシュート数を確認してみた。

試合日 対戦相手 結果 総シュート数 枠内シュート数 枠内シュートの得点率
12/4 ウエストハム 5-1 19 10 50%
12/11 ストークシティ 3-1 21 6 50%
12/14 エバートン 1-2 9 3 33%
12/19 マン・シティ 1-2 6 1 100%
12/27 WBA 1-0 26 11 9%
1/2 クリスタルパレス 2-0 22 7 29%
1/4 ボーンマス 3-3 14 4 75%
1/14 スウォンジー 4-0 14 6 67%

やはり、枠内シュート数はそれほど多くないものの、
枠内シュートを得点にする勝負強さで勝ち点を積み重ねている。
ここはこれで悪くはないが、
できればもっとチャンスを作りまくって圧倒するアーセナルが見たい。

スポンサーリンク