最終予選の大一番UAE戦に臨む日本代表

日本代表

いよいよワールドカップ・アジア最終予選が再開!!
アウェイでのUAE戦とホームでのタイ戦。
アウェイでのUAE戦が、最終予選を突破できるかどうかに関わる大一番になる。

招集メンバー

GK
川島、西川、林
DF
森重、吉田、昌子、植田 
酒井宏樹、酒井高徳、長友、槙野
MF
今野、山口、髙萩
香川、清武、倉田 
FW
本田、原口、久保、宇佐美、浅野
大迫、岡崎

予想フォーメーション


かなり不可解な部分が多い今回の招集メンバー。
試合勘よりも監督の好みと経験を重視した形と言えるだろうか。

長谷部の負傷離脱というピンチもあり、ボランチの山口の相方の選択肢が難しくなった中、
練習で4-4-2を試し、ボランチには香川を入れたという情報が。
実際には、4-1-3-2で香川は2列目に近い位置になるだろう。
絶対に勝ちたいこの試合で、攻撃的に進めて逃げ切りたい作戦だろうか。
是非とも、ハリルにはそのくらいの大胆な采配を見せてほしい。

こういう時のための今野スタメン起用という考えもできるが、どちらかというと、
この大一番に臨むチームを経験で支えることと、リードした展開で途中出場してチームを締めることを
期待されての招集とも考えられる。

また、リードしていても負けていても、ベテランの経験値が必要となったときに、
後半から本田長友を投入という流れをイメージしているかもしれない。
攻撃に勢いを加えたい場合は浅野が切り札になるだろう。

長谷部不在によりキャプテンがいなくなったが、ゲームキャプテンは吉田あたりだろうか。
プレミアで少しずつ実績を重ねて成長してきた力を発揮して、チームを引っ張ってほしい。

大迫原口久保などの好調な選手がいる中で、その選手たちを生かすために一番重要なのは、
やはりトップ下の選手のパフォーマンスだろう。

クラブのここ数試合でよいパフォーマンスを見せている香川のスタメンが濃厚か。
良いボールタッチの感覚が戻ってきたように見えるので、相手が引いたとしても、
狭いスペースで周りの選手とダイレクトでパス交換して突破するようなシーンを期待したい。

本来はワールドカップ出場自体が目標となってはいけないが、ここで負ければそれすらも難しくなってしまう。
PKでもオウンゴールでもなんでもいいので、とにかく勝ちという結果をもぎ取ってほしい。

今こそ、ロンドン組が絶対的なパフォーマンスを発揮しつつ、ベテランも意地を見せ、
日本代表のチーム全体として最高のパフォーマンスを発揮すべき時だろう。

にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ 

スポンサーリンク