執念か、終焉か。アーセナル、4位確保へ正念場のシティ戦

プレミアリーグ

近年稀に見る激戦のプレミアリーグ終盤戦。
チェルシーの独走は揺るがないものの、CL出場権のトップ4争いはかつてない激しさを見せる。

プレミアリーグ順位表

 

順位 チーム 試合数 勝ち点
1 チェルシー 28 69
2 トッテナム 28 59
3 マンチェスターシティ 28 57
4 リバプール 29 56
5 マンチェスターユナイテッド 27 52
6 アーセナル 27 50

※3/31現在

残りのトップ6直接対決

1.チェルシーマンC(H)、マンU(A)

2.トッテナム:アーセナル(H)、マンU(H)

3.マンチェスターCアーセナル(A)、チェルシー(A)、マンU(H)

4.リバプール※無し
5.マンチェスターUチェルシー(H)、アーセナル(A)、トッテナム(A)、マンC(A)

6.アーセナルマンC(H)、トッテナム(A)、マンU(H)

残りのカップ戦

FAカップ:チェルシー、トッテナム、マンチェスターシティアーセナル
ヨーロッパリーグ:マンチェスターユナイテッド
※リーグ戦のみ:リバプール


チェルシーの優勝はほぼ間違いないだろう。
コスタアザールカンテが同時に怪我でもしない限り失速することはないか。
逆に、その他5チームがトップ4争いのために潰し合いをしそうである。

ユナイテッドアーセナルは未消化試合が多いものの、未消化分を勝利しても数字的には厳しい状況。
しかし、残り10試合弱のうち、トップ6の直接対決がまだ結構残っているため、
直接対決の結果次第で一気に入れ替わる可能性もあるだろう。

ユナイテッドは4試合残し、うち3試合がアウェイということで、厳しい状況は変わらないか。
しかし、EL優勝によりCL出場権を得ることができるので、そちらにも可能性を残す。

トッテナムは直接対決が2試合のみでいずれもホームということで、スケジュール的には有利な状況か。
しかし、昨シーズンも2位は確実と思われた中、経験不足が露呈し大失速した経緯があるため、油断できない。

アーセナルは、なんだかんだ4位以内を毎年キープしてきたものの、かつてない厳しい状況。
ヴェンゲルの去就が不透明で、エジルサンチェスの移籍も噂される中、
チームとして団結して、意地の4位以内確保を成し遂げられるか。
CLのバイエルン戦で歴史的な大敗を喫し、 可能性を見出した4-3-3を継続するも格下WBAに敗戦したあと、
2週間空いてホームでシティ戦を迎える。

4-3-3を継続するのか、エジルをスタメン起用するのか、ラインナップが気になるところではあるが、
ここは何としても勝ち点3を勝ち取り上位に食らいつきたいところ。

この試合の後にヴェンゲルが去就を発表するという噂もある中、
ヴェンゲルに育てられたウォルコットラムジーチェンバレンらが躍動するか、もしくは、エジルサンチェスのワールドクラス2人が意地を見せるか、絶対に見逃せない試合である。

注目の一戦、アーセナルマンチェスターシティは、4/2(日)23:45からスポナビライブで。
Come On You Gunners!! 

スポナビライブ
『5月ご利用分まで無料観戦キャンペーン』実施中!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 


スポンサーリンク