バルセロナ対ユベントス レビュー【16-17CLラウンド8 2ndleg】

CL・EL

2017/04/19 チャンピオンズリーグ ラウンド8 2ndleg
バルセロナ 0ー0 ユベントス

image

1stlegで酷評されたマテューに代えて、アルバをスタメン起用。アンカーにはブスケツ
ユベントスは1stlegと全く同じメンバーで臨む。

3点差を追うバルセロナが積極的に仕掛ける一方、ユベントスイグアインディバラクアドラードマンジュキッチらでカウンターを狙う。

19分、スアレスが落としたボールをPA内で受けたメッシ。シュートはわずかにゴール右に外れる。

ホームなのに有利な判定をしてくれない審判に、バルセロナの選手たちは苛立つ場面が目立つ。

ユベントスが堅守を見せ、得点は入らず、前半終了。
ユベントスクアドラードのスピードを生かして、惜しいシーンをいくつか作った。

後半49分、クアドラードのシュートはわずかにゴール左を外れる。

55分、メッシがPA手前中央から打ったシュートは、キエッリーニに当たりわずかにゴール左に外れる。

57分、ラキティッチに代えて、パコ・アルカセルを投入。前線に高さを入れる。

65分、コーナーキックの流れからブッフォンが飛び出している中でメッシがシュートを打つも、DF陣に囲まれた中でシュートはゴールを外れる。

68分、メッシがPA内でDFを引きつけながらセルジ・ロベルトに渡すと、左足でカーブをかけたシュートはわずかにゴール左に外れる。

74分、ディバラに代えて、バルザッリを投入。完全に守備を固める。

77分、セルジ・ロベルトに代えて、マスチェラーノを投入。
ピケを前線に上げてパワープレーで得点を狙う。

82分、クアドラードに代えて、レミナを投入。
87分、イグアインに代えて、アサモアを投入。

結局、バルセロナユベントスを崩せず、スコアレスドローで試合終了。
ユベントスが準決勝に進出!

ユベントスの組織的な守備をホームでも崩せなかったバルセロナ

ブッフォンとDF陣の守りは、やはり鉄壁。
際どいシュートもいくつかあったが、DF陣の粘り強い寄せと、ブッフォンのゴール前での存在感によって、普段なら枠内のシュートが、わずかにゴールを外れる結果になったのかもしれない。

さらにユベントスは攻撃では、クアドラードのスピードが脅威になっていた。
イグアインがキープし、クアドラードマンジュキッチがサイドを駆け上がり、そこにディバラも絡む攻撃は、非常に効率的かつ効果的であった。
1点取り、とどめを刺してもおかしくないシーンが2,3回あった。

バルセロナは、1stlegが0-1、0-2であればこの試合も違った内容になったかもしれない。
パコ・アルカセルを早めに投入したが、機能したとは言えないだろう。

エンリケの今シーズンでの退団も決定しており、メンバーもある程度入れ替わるだろう。
イニエスタマスチェラーノがレギュラーであり続けるのはそろそろ難しいか。
特に中盤は、違いを作れるワールドクラスの選手が2人くらい必要ではないか。

準決勝に進出したユベントスは、これでさらにビッグイヤーが近づいた。

にほんブログ村 サッカーブログへ 

スポンサーリンク