アーセナル対マンチェスターユナイテッド レビュー【16-17プレミア36節】

プレミアリーグ

2017/05/07 プレミアリーグ第36節

アーセナル 2ー0 マンチェスターユナイテッド

54分 ジャカ

57分 ウェルベック

 アーセナルはTOP4滑り込みのために絶対に勝ちが必要な試合。
マンチェスターユナイテッドは、ELに焦点を当て、メンバーを落としてこの試合に臨む。

4分、ルーニーのスルーパスからマルシャルがDFを背負いながら抜け出すと、シュートはチェフがなんとか弾く。

8分、サンチェスのスルーパスからラムジーが抜け出しシュートを打つも、これはデ・ヘアが好セーブで防ぐ。

28分、サンチェスのスルーパスでラムジーがPA内深くに入ると、中に折り返したボールにウェルベックが詰めるもゴールならず。

31分、ホールディングの横パスにコシェルニーが反応応できず、ルーニーに奪われて1対1。チェフが前に出て、なんとか防ぐ。

スコアレスで、前半を折り返す。

53分、ジャカが中央でフリーでボールをもらうと、思い切ったミドルシュートがエレーラに当たり浮き、デ・ヘアの頭上を超えてゴールに吸い込まれる。アーセナル先制!

56分、チェンバレンのクロスにウェルベックが合わせると、バーに当たりながらもゴールイン。アーセナル追加点!

60分、ムヒタリアンに代えて、リンガードを投入。

62分、エレーラに代えて、ラッシュフォードを投入。ルーニーをボランチに下げる。

75分、ジャカに代えて、コクランを投入。

2点を追うユナイテッドが攻めの姿勢を見せ、アーセナルは守りながらもカウンターで3点目を狙う。

試合はそのままスコアは動かず、アーセナルの勝利。

序盤こそ、ユナイテッドが効果的に攻める場面があったものの、それ以降はアーセナルがよりゴールに迫り続けた。

引き気味のユナイテッドに対して、サンチェスとエジルが前後左右に動きながらボールに多く触ることで、相手の守りを崩すことを狙い続けたアーセナル。

2得点とも、相手を崩したというわけではないが、勝利が絶対条件であったアーセナルとしてはこれでOKだろう。

継続して3バックを採用している中、選手たちも徐々に手応えを掴み始めてきたかもしれない。

シーズン終盤で残り数試合の中、戦術の浸透度がどうとか言っている場合ではなく、TOP4に滑り込むためには、1戦1戦、勝ちを重ねていき、選手は諦めずに自身を持って戦い、残り全勝したうえで他チームの取りこぼしを待つしかないだろう。

 

スポンサーリンク