ストークシティ対アーセナル レビュー【16-17プレミア37節】

プレミアリーグ

2017/05/13 プレミア37節
ストークシティ ー4 アーセナル
42分 ジルー
55分 エジル
67分 クラウチ
75分 サンチェス
79分 ジルー

ストークシティ対アーセナル

ここのところスタメンであった、ウェルベックチェンバレンラムジーに代えて、ジルーベジェリンコクランをスタメン起用。

16分、ベジェリンのクロスをDFが弾くも、逆サイドに流れたボールにモンレアルが合わせる。これは惜しくもポストに当たり、ゴールならず。

アーセナルがボールを保持して、攻め続ける場面が続く。

41分、コクランのパスからベジェリンが右サイドで抜け出すと、中に速いボールを折り返したところにジルーが合わせて、アーセナル先制!

アーセナルリードのまま、前半を折り返す。

55分、エジルサンチェスにボールを渡しそのまま前線に走ると、サンチェスは絶妙なタイミングでエジルにスルーパス。エジルがGKと1対1となり、落ち着いて決めて、アーセナル追加点!

60分、ディウフアレンに代えて、クラウチベラヒノを投入。

66分、アウナウトビッチが左から速いボールを入れると、クラウチが頭で合わせて、ストークシティが1点を返す。

ストークシティの攻撃が勢いを増す。

75分、サンチェスベジェリンからパスを受けると、中央をドリブルで進入し、そのままシュート。ボールはポストギリギリをかすめてゴールに吸い込まれる。アーセナル追加点!

76分、その前のプレーから足を痛めていたサンチェスに代えて、ラムジーを投入。

79分、右サイドのエジルから中央のラムジーにパスが出ると、PA右から折り返したボールにジルーが詰めて、アーセナル4点目!

81分、アウナウトビッチに代えて、ソブヒを投入。
82分、エジルジルーに代えて、ウェルベックウォルコットを投入。

そのまま試合終了し、アーセナルの勝利。

クラウチ投入後のパワープレーには圧倒されかけたが、1失点後にサンチェスが足を痛めながらも強烈なシュートを突き刺したのがかなり大きかった。やはり、最後の局面ではサンチェスエジル頼みなのは相変わらずであるが、途中から出たラムジー得意の前線への飛び出しで得点に絡んだし、ジルーもなんだかんだで2得点とり、チームの雰囲気としてはとても良くなるだろう

DF陣は、コシェルニームスタフィが並んだことで、守備面でもビルドアップ面でも安定感が増したように思える。さらに、モンレアルを左WBで起用することができて、良いパフォーマンスを見せていただろう。

これでミッション2つ目クリア。『TOP4入りへの条件』を今のところキープしており、リバプールの勝ち点ロストを期待したい

いまさら3バックが機能しだしても・・・という思いも沸いてしまうが、今はTOP4滑り込みに向けて、残り2試合の勝利のみを考えて、このまま乗り切ってほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク