名将揃うTOP6激闘のプレミアリーグ16-17を振り返る

プレミアリーグ

名将が揃った、16-17プレミアリーグ開幕

レスターの奇跡の優勝で終わった、2015-2016シーズンのプレミアリーグ。
ビッグクラブが軒並み低迷したシーズンとなった。

そして迎えた、2016-2017シーズンのプレミアリーグ

チェルシーコンテマンCペップマンUモウリーニョ名将がこぞって新監督に就任する中、ヴェンゲルが継続して指揮するアーセナルには、チームの成熟度としてアドバンテージがあるように思われた。同じことは、ポチェッティーノ率いるトッテナムにも言える。

マンUイブラヒモビッチポグバというワールドクラス2人を派手に獲得したのに比べ、他のライバルチームは、トップレベルの選手数人の獲得により底上げしたという印象。

~10月:ペップ流戦術がプレミアにも旋風を巻き起こす

バルセロナ、バイエルンで圧倒的なポゼッションサッカーを披露してタイトルを獲得してきたペップ
プレミアにもそのペップ流の変形かつ流動的なサッカーを持ち込んで、旋風を巻き起こす

GK、CBにも足元が上手い選手を起用し、攻撃的なサッカーで開幕から6連勝。
激戦のプレミアリーグでもペップ流でタイトルをあっさりと獲得するかに思われたが・・・

コンテ流の戦術を模索しながらも勝ち点を積み重ねたチェルシー
対して、EURO明けでコンディションを落とすジルーに代わり、サンチェスを1トップに起用して、これにウォルコットの覚醒も加わり、勝ち点を重ねるアーセナル
序盤の大一番、第6節の”ビッグロンドンダービー”で対峙する。拮抗するかと予想された試合は、前半でアーセナルが3-0とリードすると、そのまま圧倒してチェルシーを退ける。

この試合の敗戦を機に、コンテは得意の3バックでプレミアを戦うことを決意する。

一方、大型補強したマンUは、イブラヒモビッチの得点力で勝ち点を重ねるものの、ポグバの起用法が定まらず、徐々に低迷していく。

~12月:3バックに変更したチェルシーの快進撃が始まる

アーセナルに完敗後、3バックを導入したチェルシーが破竹の13連勝で首位を独走
ヨーロッパの戦いがないこともプラスに働き、年末のハードスケジュールも連勝で乗り切る。

マネが加入し、フィルミーノコウチーニョララーナ”ファンタスティック4”が多彩な攻撃を見せるリバプールは、その攻撃陣の好調により勝ち点を積み重ね、2位で年末を折り返す。

シーズン序盤、好調なスタートを切ったマンCだったが、プレミアのハードな戦いにペップ流戦術を続けることができず、さらに、アグエロフェルナンジーニョの出場停止、ギュンドアンの長期離脱が相次ぎ、徐々に勝ち点をとりこぼすようになる。

サンチェスの1トップ起用で好調をキープしていたアーセナルであるが、カソルラの長期離脱、好調だったウォルコットの離脱で、徐々に調子を崩し始める。

スポンサーリンク