負傷者続出で辛くもドロー!イラク対日本 レビュー【W杯アジア最終予選2017】

日本代表

試合結果

2017/06/13 アジア最終予選
イラク 1-1 日本
8分 大迫
72分 カミル

スターティングメンバー

イラク対日本

負傷者続出の中盤は、ダブルボランチに遠藤井手口、トップ下に原口というサプライズ布陣。

試合経過

8分、日本の右コーナーキック。本田のクロスに大迫がニアで合わせてすらしたボールはゴールに吸い込まれる。日本先制!

リードした日本は守備に意識を置くものの、イラクがクロスからゴール前に迫る場面が増える。

両チームともにチャンスはほとんどなく、日本がリードしたまま、前半を折り返す。

59分、井出口が脳震盪により、今野を投入。
69分、原口に代えて、倉田を投入。

72分、PA内にイラクが進入すると、川島吉田の連係ミスでボールがこぼれたところを詰められ、イラク同点!

74分、負傷した酒井宏樹に代えて、酒井高徳を投入。

勝ち越したい日本であるが、久保が負傷しながらのプレー、大迫本田も疲労の色が目立ち、チャンスを作れず。

ロングスローから吉田がポストプレーでボールを落とすと、本田がダイレクトでシュートするが、これはGKの正面。

そのまま試合終了し、引き分けに終わる。

負傷者続出で迎えた37℃の厳しい戦い

中立地イランでの戦いとなったこの試合。香川が離脱、今野山口がコンディション不良でスタメン起用できない中、さらに37℃の猛暑の中での厳しい試合となった。
当初は4-3-3で中盤に香川今野山口を起用する布陣を想定していたはずであるが、3人とも起用できない緊急事態。ハリルは、A代表経験の浅い井手口遠藤をダブルボランチに起用し、運動量豊富な原口をトップ下に入れ、守備の安定を狙った布陣を採用した。攻撃では、大迫本田のキープ力を生かす狙いであった。

前半早々にセットプレイで先制し、日本のプラン通りに楽な展開が進むかと思われたが、イラクもボールをつないでサイドに展開し、再三クロスを上げてチャンスをうかがった。日本は守備に奔走することで、攻撃に人数をかけられず、追加点を狙うチャンスを作ることができない。

後半に入っても流れはあまり変わらず、日本は守備重視で相手に大きなチャンスを作らせず時間が進んだ。しかし、井手口が脳震盪で交代すると、その10分後には、酒井宏樹久保も負傷。残りの交代カードは1枚。そして酒井が足を引きずりながらプレーしている状態で、痛恨の失点。その後、倉田が2,3回前を向いてプレーする場面があり、本田も2度ほどシュートを打ったが、得点にはつながらず。そのまま引き分けで終了。

スポンサーリンク