2連勝でシドニー遠征を飾る。アーセナル 対 ウエスタンシドニー【2017プレシーズンマッチ】

プレミアリーグ

試合結果

2017/07/15 プレシーズンマッチ
アーセナル 3-1 ウエスタンシドニー
33分 ジルー
37分 ラムジー
43分 エルネニー
57分 ルスティカ

スターティングメンバー

アーセナル対ウエスタンシドニー

試合経過

2分、ナイルズからパスを受けたラカゼットがターンでDF2人を交わしてPAに侵入すると、フェイントでシュートコースを作り右足でシュート。これは惜しくもGKに弾かれる。

32分、モンレアルからの楔のパスをラカゼットが落とすと、モンレアルが左サイドを抜け出し、PA深くから折り返したボールにジルーが左足でダイレクトで合わせてゴールに突き刺す。アーセナル先制!

36分、モンレアルが後方からウエスタンシドニーのDFとGKの間に出したロングフィードにラムジーが抜け出して追いつくと、ダイレクトで浮かせたボールはGKの頭上を越えてゴールへ吸い込まれる。アーセナル追加点!

43分、左コーナーキックでショートコーナーの流れから、エルネニーがPA外から打ったミドルシュートがDFに当たりコースが変わってゴール。アーセナル3点目!

アーセナルが3点をリードして、前半を折り返す。
後半開始。オスピナに代わり、マルティネス投入。

48分、コーナーキックの流れから、エルネニーの巻いたミドルシュートはバーに当たり、惜しくもゴールならず。

56分、ウエスタンシドニーが押し込みゴールに迫ると、密集したPA内でのラムジーのバックパスをマルティネスがキャッチし、PA内でウエスタンシドニーが間接フリーキック獲得。シュートは壁に弾かれるものの、こぼれ球を再度蹴り込み、ゴール。ウエスタンシドニーが1点返す。

65分、選手交代。シドニー遠征お馴染みとなったGKを除く10人の一斉交代。

アーセナル対ウエスタンシドニー

84分、PA手前からのエジルのフリーキックは右ポストに弾かれ、惜しくもゴールならず。

90分、PA内でウェルベックからパスを受けたエンケティアのシュートは右ポストに弾かれ、ゴールならず。

アーセナルが多くの選手を試しつつ、シドニー遠征を2連勝で飾る。

ナイルズがWBでプレー。エンケティアも攻撃力でアピール

昨季にトップチームの試合でも出場経験のあるナイルズがそつなくWBをこなした。ラカゼットともうまく絡み、左サイドで何度かチャンスを作った。ボランチでもサイドでもプレーできるナイルズは、まだ19歳ながら、足元のテクニックは一定水準以上で、そのユーティリティー性も含め、さらにトップチームでの出場機会も増えるかもしれない。特にボランチは、コクランエルネニーがスタメンを脅かすほどのパフォーマンスを見せておらず、ナイルズの急成長があれば、少なくともベンチ入りを奪う可能性もあるのではないか。今後の成長に期待したい。

アーセナル加入後2試合目となったラカゼットは、周りとの連携はこれからであるが、ゴール近くでボールを持った時のプレーでは、ウォルコットウェルベックに足りないゴールへの意識とイメージを感じさせた。

ラムジーはボランチ起用ながら、お得意の縦横無尽のポジショニングで度々PA内まで進入してアクセントを付けた。しかし、格下相手に押し込んでいた試合だから問題なかったものの、守備を考えたバランス意識はもっと向上させる必要があるだろう。やはり本来は、エジルの横で起用するのがベストなはずであり、ボランチ2枚と2列目(1.5列目)2枚の組み合わせは、さらに模索していく必要があるように思える。

途中から入ったエンケティアが左サイドからの突破やPA内で積極的にボールに絡んでアピールした。ポストに当たる惜しいシュートもあり、本来はFWの選手らしく、得点に絡むプレーは今後に期待が持てそう。この選手もまだ18歳であり、今後の成長が非常に楽しみである。

エンケティア

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ にほんブログ村

人気ブログランキング

とれまが とれまが人気ブログランキング

スポンサーリンク