チェンバレンがWBで躍動!アーセナル 対 セビージャ【2017エミレーツカップ】

プレミアリーグ

試合結果

2017/07/30 エミレーツカップ
アーセナル 1-2 セビージャ
49分 コレア
61分 ラカゼット
67分 エンゾンジ

スターティングメンバー

アーセナル対セビージャ

試合経過

14分、DFの間でスルーパスを受けたベン・イェデルのシュートが右ポストを直撃。

21分、チェンバレンラカゼットとのワンツーで左サイドを抜け出し、中央にクロス。逆サイドから中央に絞ったベジェリンがダイレクトで合わせるも、これはバーを越える。

44分、ノリートが前方のスペースでフリーで抜け出すと、決定的チャンスで中央に折り返したボールをコシェルニーがなんとかクリアして、決定機を防ぐ。

スコアレスのまま、前半を折り返す。

後半開始 アーセナル OUT:ベジェリン IN:ブラモール
ブラモールが左WBに入り、チェンバレンが右WBに変更

49分、ベン・イェデルからのパスをコレアがDFラインと入れ替わりフリーで受けて、飛び出したチェフをうまくかわしてゴールに流し込む。セビージャ先制!

60分 アーセナル OUT:ウィロック IN:ジャカ

61分、チェンバレンがドリブルでDFを振り切り右サイドを突破して中に折り返すと、ウェルベックが合わせ損ねたこぼれ球をラカゼットが押し込み、アーセナル同点!

67分、スローインからスルーしてエンゾンジがバイタルエリアでフリーで受けると、左足でダイレクトで打ったシュートはキレイな放物線を描きゴール右隅に吸い込まれる。セビージャ勝ち越し!

77分 アーセナル OUT:エルネニーラカゼット IN:ウォルコットイウォビ
4バックに変更

アーセナルチェンバレンを中心にゴールを狙うも得点を奪えず、セビージャの勝利。

チェンバレンがWBでハイパフォーマンス

前半は左WB、後半は右WBに入ったチェンバレンが、自慢の運動量とスピードとドリブルで何度もサイドを突破してチャンスを作った。右WBに入った後半は特に輝き、アーセナルの得点の起点にもなり、右WBのレギュラーを手中に収める活躍を見せた。合流が遅れたベジェリンのコンディションがまだ上がっていないように見え、前日のベンフィカ戦で活躍した左WBのコラシナツ含め、シーズン序盤の両WBはこれで安泰だろうか

前線はラカゼット、エジル、ウェルベックという組み合わせとなったものの、ラカゼットがやはりまだフィットしておらず、ウェルベックもこのフォーメーションで輝いているとはいえない。シーズン開幕が迫っているが、組み合わせを模索しながらリーグ戦を戦うことになるかもしれない。現状では、ベンフィカ戦で活躍したジルーをトップにし、エジル+もう一人という組み合わせを基準にすることがベストだろうか

ベンフィカ戦同様、守備についてはやはり課題が多い。CB横のサイドのスペースを使われる場面がやはり多く、WBのバランスのとり方については、改善する必要があるだろう。コシェルニーの昨季終盤の出場停止があと2試合残っているため、序盤はエルネニーのCB中央での起用を本当に考えているのかもしれない。実際、ビルドアップでは、ボランチらしいスムーズな展開を後方からできていた場面があり、攻撃面でのメリットはあるだろう。

これでプレシーズンマッチも終わり、来週にコミュニティシールド、再来週にリーグ開幕を迎える。ついに始まる2017-2018シーズンのアーセナルに期待したい。

スポンサーリンク