最終予選の大一番!オーストラリア戦・サウジアラビア戦プレビュー【日本代表】

日本代表

最終予選の大一番のオーストラリア戦、サウジアラビア戦に向けた日本代表メンバーが発表された。

GK
川島、東口、中村航輔

DF
酒井宏、酒井高、長友、槙野
吉田、昌子、植田、三浦

MF
長谷部、山口、高萩
香川、井手口、小林祐希、柴崎

FW
久保、本田、原口、乾、浅野、武藤
大迫、岡崎、杉本

最終予選の大一番ということで、お馴染みの顔ぶれが並ぶ。サプライズとしては、Jリーグで好調の杉本の初選出と、リーガで好調なプレーを見せている柴崎の2年ぶりの代表選出。

負傷明けの大迫や香川のコンディションを考慮し、万全を期して、23名枠に対して27名を招集。ベンチ入りの当落線上は、杉本浅野武藤小林祐希高萩柴崎あたりだろうか。4名がベンチ外となる。これまでの情報によると、大迫や香川は出場できないほどのコンディションでは無さそうなため、戦術的理由でベンチ外を選ぶことになるだろう。

【オーストラリア戦】サプライズ起用の可能性は少ないだろう

サウジアラビアがUAEに負けたことで、日本のワールドカップ出場権獲得はかなり楽になったものの、いち早くホームで突破を決めたいことは間違いない。また、最終節はアウェイでのサウジアラビア戦となり、厳しい試合になることは間違いないため、油断はできない。因縁深いオーストラリア戦で勝利して突破を決めるために、ハリルは信頼を置く選手たちをこれまで通り起用することが濃厚だろう

予想フォーメーションは以下の通り。

日本代表最終予選

このメンバーであれば、香川と山口の位置次第では、4-3-3と4-2-3-1を使い分けることが可能。攻撃時は4-3-3にし、守備時は4-2-3-1という形になるかもしれないベテランの岡崎本田、好調のらが流れを変える交代枠として考えられる。リードしている場合は、運動量のある井手口を投入してバランスを図ることもあるだろう。コンディション次第では、香川ではなく井手口をスタメン起用して、バランス重視で試合を進め、後半に本田や乾で勝ち越しを狙うプランもありえるかもしれない。

【サウジアラビア戦】突破を決めれば、新戦力テストの場になる

オーストラリア戦で勝利して突破を決めれば、サウジアラビア戦は新戦力を試すことが可能となる。アウェイの厳しい戦いを新戦力が経験できることはプラスになるだろう。日本代表の目標はワールドカップ出場ではなく、ベスト8、ベスト4という結果を残すこと。大迫、原口、久保らの台頭により世代交代は進みつつあるものの、いまだチームの形が確立したとは言えない状態である。さらに、結局苦しい場面で川島、長友、長谷部らのベテランに頼らざるを得ないチーム事情を踏まえると、さらなる新戦力の台頭は必要である

期待したいのは以下の5選手

  • FW:杉本(24)
    高さがありながらスピードもある万能型ストライカー。ゴールへの貪欲さとそのための決定力が付いてきており、ポテンシャルは間違いなく、国際試合でどこまで通用するかがカギとなる。大迫と1トップのポジションを争うレベルになれば、日本代表として大きな力となるだろう。

  • MF:柴崎(25)
    今冬にリーガに移籍し、今季から1部でプレーすることになった柴崎。当初は海外に合わずに早々に国内復帰する噂もあったが、今季は1部ヘタフェで開幕2試合連続スタメン出場。選手として一回りレベルアップしており、ただ上手いだけでなく、戦える選手になりつつある。2列目でもボランチでもプレーでき、代表に定着すれば、より多くのバリエーションをもたらせてくれる存在になるだろう。

  • MF:小林祐希(25)
    2016年に代表初招集されるも、その後は声がかからず、10か月ぶりの代表選出。オランダで1年間主力としてプレーして経験を積んでおり、ただのビッグマウスで終わらず、貪欲に成長し続ける姿勢は今後のレベルアップを期待させる。左利きのMFは貴重であり、2列目でもボランチでもプレーできるインテリジェンスを持ち始めたこの選手は、日本代表にアクセントを付ける存在になる可能性を秘めている。

  • MF:井手口(21)
    21歳ながらすでに代表に定着しつつある井手口。アグレッシブなプレーで守備で貢献できるのみならず、運動量と一定レベルのテクニックも併せ持ち、攻撃でも貢献できる中盤の選手。日本代表には似てるタイプとして山口蛍がすでに一定のポジションを掴んでいるが、山口よりも攻撃で貢献できる分、今後の成長によっては中盤に君臨することができるポテンシャルを持っているだろう。

  • GK:中村航輔(22)
    Jリーグで安定したパフォーマンスを見せている、成長著しい22歳のゴールキーパー。経験が重要となるポジションであり、すぐに正守護神の座を奪うことは難しいかもしれないが、川島からいろんなことを盗み、経験を積んで成長してほしい。

日本代表は、ワールドカップ出場を決められるか。

日本 対 オーストラリア
2017/8/31(木) 19:35 KICKOFF!

サウジアラビア 対 日本
2017/9/5(火) 26:30 KICKOFF!


放送席からみたサッカー日本代表の進化論

スポンサーリンク