これなら勝てる?アーセナルのフォーメーションを考える【17-18シーズン】

プレミアリーグ

サンチェスとエジルが残留し、新戦力はラカゼットとコラシナツのみ

移籍市場が終了し、17-18シーズンのアーセナルのスカッドが確定。最後までゴタゴタがあったものの、結局、サンチェスは残留。噂されたレマル、ドラクスラーらの獲得もなく、新戦力は早々に獲得したラカゼットとコラシナツのみ

昨季終盤に3バックに変更し、リーグは5位に終わったもののFAカップを獲得したヴェンゲルは、プレシーズンでも3バックを採用し続け、3バックを今季の基本フォーメーションにすると明言。しかし、戦術の成熟度が低いのみならず、CBの駒不足、WBの駒不足という状況にもかかわらず3バックでシーズンインすると、レスター戦は打ち合いで辛勝、ストークに敗戦、リバプールに惨敗、という最悪なスタートをきったアーセナル。結局、移籍市場でも3バックを機能させるためのCBやWBの補充は無く、さらにはチェンバレンを放出した今、誰が見ても3バックの採用はナンセンスである

アーセナルで活躍できないジルーと本職で起用されないコラシナツ

昨シーズンはベンチスタートが多くなったジルー。しかし、途中出場すると、得意の高さやダイレクトプレーを生かして得点に多く絡む活躍を見せた。フランス代表でも主力として起用されており、グリーズマンとのコンビは秀逸で、ジルーがポストプレーで落としたボールをグリーズマンが拾ってゴールにつなげるパターンは、フランス代表の攻撃パターンの1つとなっている。

能力の高いジルーがアーセナルで活躍できない原因は、他の選手のポジショニングにある。ジルーは単純にポストプレーでボールを収められるだけでなく、ダイレクトで的確にボールを落とすことができるテクニックの高さも持ち合わせている。しかし、この持ち味を活かすためには、ジルーの近くでゴール方向に走りこむ動きをする選手が必要である。昨シーズン、カソルラ不在のまま最後までビルドアップが安定せず、結果的にエジルがボランチの位置まで下がってボールを受けたり、サンチェスがワイドに開いたり下がったりしてボールを受けることで攻撃の形をなんとか作った。ただこれにより、エジルやサンチェスがジルーの近くにいない場面が多くなり、結果的にジルー自身が機能していないという評価になったために、スタメンから外れることとなった。本来は、決定力のあるサンチェスがジルーの近くでプレーすることができれば、グリーズマンのような得点シーンをアーセナルでも見せることができるはずである。そしてさらに期待したいのは、新戦力のラカゼット。まだチームにフィットしているとは言えないものの、決定力の高さを感じさせる動きは見せており、ラカゼットが流動的に動きつつジルーの近くでプレーすることができれば、この2人のコンビはリーグ屈指の攻撃力となるポテンシャルを秘めているはずである

そしてもう一人の期待の新戦力であるコラシナツであるが、プレシーズン含めて、ここまではCBでの起用が多くなっており、本職の左WB,左SBでほとんど起用されていない。フィジカルの強さを生かしてCBでも一定のパフォーマンスは見せているものの、縦への推進力があり、ゴール前でのクロスの精度もあるため、左SBで90分プレーすれば、チームのストロングポイントとなるほどの活躍を見せるポテンシャルを持っているはずである。実際に、エミレーツカップのベンフィカ戦では、左WBで好パフォーマンスを見せている。人材不足の中で3バックを採用することでコラシナツをCB起用せざるを得ない状況となってしまうため、4バックに戻せば、コラシナツを左SBとして起用でき、持ち味を引き出すことが可能だろう

 

これらを踏まえて、アーセナルに今季採用してほしいフォーメーションとスタメンについて、2つのプランを提案したい。 

プランA:4-2-3-1

提案フォーメーション:プランA

4‐2‐3‐1を採用し、ジルーとラカゼットを共存させるために、ラカゼットを2列目左で起用。サンチェスは2列目右。ボランチは、ジャカの相棒としてエルネニーを起用したい。

ここのところラムジーがボランチとして起用されているが、常にゴール前にあがるプレーはチームのバランスを崩しているのは明白である。そしてその影響でボランチの位置でジャカが孤立し、ビルドアップが安定しない問題が発生している。それを解決するために、エルネニーに期待したい。もともと、テンポの良いパスを散らし、何度も動きなおしてスペースに顔を出せる選手であるが、安全な横パスを選択しがちである点がマイナスであった。しかし、プレシーズンマッチでCB真ん中で起用されたことでスケールアップしたのか、コミュニティシールドではボランチでスタメン起用されると、1つ1つのプレーでより効果的な選択ができるようになっており、カソルラほどのレベルは難しいかもしれないが、ビルドアップがよりスムーズになるための解決策となる可能性を秘めている

エジルが下がらずにバイタルエリア近くでボールを受けることができれば、そこから決定的なスルーパスを通すことも可能であるし、ジルーに当ててからラカゼットやサンチェスが中に絞って絡むプレーにより、各選手がより能力を発揮して、得点につながるプレーを繰り出すことが可能になるはずである。

また、もともと両SBの攻撃参加をストロングポイントとすることが多いアーセナル。昨季低調なパフォーマンスを見せたベジェリンが右SBで復調し、コラシナツが本来の左SBで起用されることで、両SBが持ち味を発揮することができれば、リーグ屈指のSBコンビとなることも可能である。2列目左右のラカゼットとサンチェスは純粋なサイドアタッカーではないため、ラカゼットとサンチェスが中央に絞り、空いたサイドのスペースをコラシナツとベジェリンがオーバーラップして使い、中央でジルーが待ち構えるようなプレーができれば、より様々な崩しを見せることができるだろう。

このフォーメーションであれば、ラムジーは2列目右の候補とし、イウォビは2列目ならどこでもできるし、さらには、期待大のネルソンを2列目右で起用するというオプションも考えられるだろう。

プランB:4-3-3

提案フォーメーション:プランB

4-3-3で中盤は逆三角形の形を採用。プランAと同じく、ジルーとラカゼットを共存させるために、ジルーをトップ、ラカゼットを左、サンチェスを右に起用。中盤はエジルとラムジーをIH、ジャカをアンカーで起用。

このフォーメーションに期待したいのは、昨季のCLバイエルン戦2ndlegで大逆転が必要な状況で、ラムジーらが躍動して、かつてのアーセナルらしい、運動量が多く流動的な攻撃を見せていたためである。ジャカがアンカーのポジションからミドルレンジ、ロングレンジのパスを散らし、エジル、ラムジーが流動的な動きでスペースに顔を出してボールを受け、サンチェス、ラカゼットがサイドから突破したり中に絞ったりすることで、かなり流動的なコンビネーションを前線で繰り出すことが可能になるはずである。ラムジーはこのフォーメーションで持ち味を存分に発揮できるはずであり、エジルもトップ下ではないものの、最近はいろいろな位置でボールを受けるプレーを見せているため、IHでも問題なくプレーできるはずである。

守備時は4-2-3-1気味になり、試合展開によってバランスをより求める場合は、ラムジーに代えてエルネニーやコクランを起用すればよいだろう。また、ウェルベックやウォルコットも、このフォーメーションのワイドの位置であれば、今の3-4‐2-1よりも良いパフォーマンスを見せられる可能性がある。

間違いなく4バックに戻すべき。頑固なヴェンゲルはどうするか

今季のメンバー構成を見れば、誰がどう見ても4バックのほうが適切である。もともと採用していた4-2-3-1であれば、チーム全体の戦術理解度も高く、そこにラカゼットとコラシナツという新戦力の上積みも期待できるだろう。頑なに4バックにこだわっていたヴェンゲルが3バックを採用したと思ったら、今度は頑なに3バックにこだわってしまうのだろうか。今季のアーセナルが巻き返しを図れるかどうかは、フォーメーションの選択が大きく影響することは間違いない

スポンサーリンク