3バックが機能しないもののクリーンシートで勝利。カラバフ 対 アーセナル レビュー【2018/19 EL GS第2節】

CL・EL

Embed from Getty Images 

 

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/10/04 ヨーロッパリーグ GS第2節
カラバフ 0-3 アーセナル

4分 パパスタソプーロス

53分 スミス・ロウ

79分 ゲンドゥージ

前半:アーセナル 3-4-2-1
2018/2019シーズン ヨーロッパリーグ グループステージ第2節 カラバフ対アーセナル 前半
エメリ体制になって公式戦初の3バックを採用。コラシナツが復帰し、スミス・ロウは初スタメンとなった。
 
後半:アーセナル 4-2-3-1
2018/2019シーズン ヨーロッパリーグ グループステージ第2節 カラバフ対アーセナル 後半

ビルドアップに問題があったアーセナルは、後半開始からモンレアルに代えてトレイラを投入し、エルネニーをトップ下にして、慣れている4-2-3-1に変更。

【PickUpData】苦戦したものの終わってみればスタッツでは上回る

マッチスタッツ(左:カラバフ、右:アーセナル)
引用:SofaScore.com 2018/2019シーズン ヨーロッパリーグ グループステージ第2節 カラバフ対アーセナル マッチスタッツ 2018/2019シーズン ヨーロッパリーグ グループステージ第2節 カラバフ対アーセナル マッチスタッツ

試合内容としてはかなり苦戦したアーセナルであるが、ポゼッション率シュート数ビッグチャンス数などは上回った。

 

【PickUpData】プレー頻度は少ないながらもアピールしたスミス・ロウ

アーセナルの攻撃スタッツ
引用:whoscored.com2018/2019シーズン ヨーロッパリーグ グループステージ第2節 カラバフ対アーセナル 攻撃スタッツ

スミス・ロウは、交代する64分まででボールタッチ数29回と少なかったものの、シュート4本キーパス数1本という数字は評価に値するだろう。

ビルドアップがうまく機能したとは言えないこの試合において、ハーフスペースでうまくボールを受けて、ゴール前にボールを運ぶプレーを3,4回見せていた。

【PickUpData】クリーンシートの立役者・レノ

レノのスタッツ
引用:SofaScore.com

チェフが負傷離脱中のため、リーグ戦に引き続きゴールマウスを守ったレノ。この試合でも、セーブ4本、そのうち、3本エリア内シュートであり、ピンチを防いで無失点に貢献。

足元の技術においても不安となる場面はなく、2点目のスミス・ロウの得点シーンでは、レノの前線へのロングボールが起点となった。

 

3バック初採用も機能したとは言えず

今季公式戦で初の3バックを採用。ディフェンス面では、かなりラインを高く設定し、前からプレスがかかっているときは、ハーフウェーライン近くまでラインを上げていた。しかし、前からのプレスは機能し続けたとは言えず、サイドから突破を許して、ディフェンスラインがズルズルと下がる場面が散見された。

ビルドアップでも、相手が前線から3,4枚で3CBに対してプレスをかけてくる中、横並びの状態でパスをつなごうとするシーンが多く、さらにボランチのどちらかが下がって対応する場面でも、斜めのポジショニングを取る選手がおらず、低い位置でボールロストする場面があった。

プレシーズンでも、ICCのアトレティコ・マドリー戦で3-4-2-1を試しており、この時もラインを高くして対応していた。3-4-2-1をオプションの1つとして確立していきたい思惑があるのかもしれない。

【関連記事】アーセナル 対 アトレティコ・マドリー レビュー【ICC2018】

うまくいかないながらも無失点で抑えており、後半開始に慣れている4-2-3-1に変更した点は、エメリがヴェンゲルとは異なり、柔軟な采配ができることを表しているだろう。

今季、特にシーズン前半はチームを少しずつ確立していく期間となるのは仕方なく、その中でも一定の結果が出ているのはプラスと捉えるべきだろう。

トップチームで公式戦初得点のスミス・ロウ

勝利を引き寄せる2点目を奪ったスミス・ロウ。プレシーズンでは得点を上げていたものの、公式戦ではトップチームで初得点となった。

アシストしたイウォビのパスコース・タイミングも文句なしであったが、冷静にGKの股下を狙ったスミス・ロウのシュートはお見事であった。18歳ながら、高い技術力冷静なプレー判断を見せつけた。

ゴールシーン以外でも、わずかに得点につながらなかった場面も作っており、底知れぬポテンシャルを垣間見せた。

今後も継続してELとカップ戦で出場機会が得られるはずであり、周りとの連携を徐々に高めつつ、経験を積んでいって欲しい。守備含めて90分間通して安定したパフォーマンスを発揮することができるようになれば、リーグ戦での出場機会も見えてくるだろう。

 

次節、勝ち点で並ぶスポルティングとの直接対決

ELは第2節まで終了し、アーセナルとスポルティングが2勝ずつで並ぶ。次節はスポルティングとのアウェイでの直接対決となるが、決勝トーナメント進出を早めに決めるためには勝利が欲しいところ。

怪我人も徐々に戻ってくる見込みが立ってきており、うまくターンオーバーしながら勝ち点を積み重ねていきたい。

前節の振り返りはこちら