ミドルズブラ対アーセナル レビュー【16-17プレミア33節】

2017年4月18日プレミアリーグ

2017/04/18 プレミア33節
ミドルズブラ 1ー2 アーセナル
42分 サンチェス
50分 ネグレド
70分 エジル

image

アーセナルは衝撃の3バック起用。サンチェスエジルジルーの下に並べる布陣。

急造のため組み立てに行き詰まることも多い。そんな中でも、右サイドのチェンバレンのドリブル突破からチャンスを数回作る。

ミドルズブラはカウンターとセットプレイでチャンスを見出そうとする。

41分、ジャカがPA手前中央でファールを受け、フリーキック獲得。このフリーキックをサンチェスが直接押し込んで、アーセナル先制!

そのままアーセナルリードで前半を折り返す。

49分、カウンターでダウニングが持ち込むと、右サイドから上げたクロスにネグレドが足の先で合わせて、ミドルズブラ同点!

60分、右サイドからのフリーキック。ダウニングが蹴ったボールをヘディングで中に折り返すと、これにアジャラが合わせるもチェフの正面でゴールならず。

徐々にオープンな展開となる。

62分、サンチェスからエジルにスルーパスが通り、キーパーと1対1になるも、これをGKが体で防いでゴールならず。

ミドルズブラはサイド攻撃とセットプレイで得点を狙う。

67分、ラミレスに代わり、アダマ・トラオレを投入。

70分、サンチェスの浮き球をPA内のラムジーが胸で落としてエジルがシュート。アーセナル勝ち越し!

78分、CBのデローンを下げて、高さのあるゲステデを投入。

88分、サンチェスエジルを下げて、コクランベジェリンを投入。
守備を固める。

90分以降、チェンバレンが二度のシュートチャンスを迎えるもゴールにはならず。

そのまま試合終了し、アーセナルが久しぶりの勝利。

久しぶりの勝利であるが、トップ4にはまだまだ厳しい状況が続く。
また、3バックが機能したとはいえず、いまだ安定感のある戦いを見せることができていない。
他の上位クラブが好調を見せている中で、今後の直接対決が不安でならない。


それにしても、3バックを採用した背景が気になる。
この試合のみの一時的なものだろうか。それとも、今後も継続だろうか。
このところのチーム全体の不調を踏まえての大きな変更だったのか、ウォルコットベジェリンの不調な右サイドの変更のためか、もしくは来期への布石か。
はたまた、チェルシーの3バック変更後の快進撃を真似てみたのだろうか。

これまでフォーメーションやメンバーをあまり変更しないことが多かったヴェンゲルであるが、
ここにきての柔軟性はもはや不気味であるw

このあと、FAカップ・シティ戦、レスター、トッテナム、マンUという厳しすぎるスケジュールが続く中、
ヴェンゲルがどのような采配を見せ、チームがどのようなパフォーマンスを見せるか、見逃せない!
このまま低空飛行のままシーズン終了し、そのままヴェンゲル退任ということだけは避けてほしい。

いずれにせよ、ヴェンゲルの去就はもう発表したほうがプラスに働くのでは、と思って仕方がない。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ