エディ・ハウの対応力を質で上回ったアーセナル。アーセナル 対 ボーンマス レビュー【2018/19プレミア第28節】

プレミアリーグ

Embed from Getty Images

 

試合結果、スタメン、フォーメーション

試合結果

2019/02/27 プレミアリーグ第28節
アーセナル 5-1 ボーンマス

4分 エジル
27分 ムヒタリアン
30分 ムセ
47分 コシェルニー

59分 オーバメヤン

78分 ラカゼット

2018/2019 プレミア 28節 アーセナル対ボーンマス スタメンとフォーメーション

【アーセナル】基本:3-4-2-1 守備:3-4-3
【ボーンマス】基本:4-4-2 守備:4-4-2

 

両チームとも前回対戦と同じフォーメーションを採用したこの試合。しかし、両チームともに怪我人を多く抱えており、アーセナルは5人ボーンマスはなんと7人も前回対戦時とスタメンが異なることに。

週末にノースロンドンダービーを控えるアーセナルは、前節と今節でうまくローテーションしている模様。前節のスタメンからリヒトシュタイナージャカラムジーラカゼットに代えて、ジェンキンソンゲンドゥージエジルオーバメヤンをスタメン起用。

前回対戦の振り返りはこちら
リーグ戦初の3-4-2-1。ボーンマス 対 アーセナル レビュー【2018/19プレミア第13節】

試合経過と両チームの狙い

【前半開始~ 12分】 開始早々の10番の輝き

試合は開始早々から動く。前半3分、アーセナルがボール保持する中、コシェルニーからコラシナツへロングボールが通ると、競り合いでこぼれたボールをコラシナツが前方のエジルへ。フリーでPA内に進入したエジルが冷静にGKの頭上を越えるシュートを放ち、アーセナルが早々に先制

アーセナルの攻撃とボーンマスの守備

アーセナルのビルドアップ時ボーンマスミドルゾーンで4-4-2ブロックを引き、それほど前からプレスはかけず。これに対してアーセナルは、後方で余裕を持ってボールを回しつつ、中でも特に目立ったプレーは、右サイドに展開した後に中央に戻しつつ、ゲンドゥージがボーンマスの2トップ脇でうまくボールを受け、そこからサイドのコラシナツやハーフスペースのエジルにパスを通す形。

アーセナルの攻撃

  • 【定位置攻撃】 ゲンドゥージがボーンマスの2トップ脇から展開

ボーンマスの守備

  • 【守備ブロック】 ミドルゾーンにリトリートし4-4-2ブロック

 

ボーンマスの攻撃とアーセナルの守備

ボーンマスのビルドアップ時アーセナルラインを高めにして前からプレスをかける形。ボーンマスのボランチに対してアーセナルのボランチ2人が積極的に前に出て前を向かせずボーンマスは前進に苦しみ前線へのロングボールを選択する場面が増えるが、前線の競り合いではアーセナルのCB陣が強さを見せ、効果的な展開はできなかった。

ボーンマスの攻撃

  • 【定位置攻撃】 ショートパスを繋げない場合は前線へロングボール

アーセナルの守備

  • 【守備ブロック】 3-4-3でラインを高くして前からプレス

 

【13分~前半終了】システム変更で攻守に改善を図るボーンマス

2018/2019 プレミア 28節 アーセナル対ボーンマス スタメンとフォーメーション

【アーセナル】基本:3-4-2-1 守備:3-4-3
【ボーンマス】基本:4-3-3 守備:4-1-4-1

 

攻守においてうまくいかないボーンマスは前半13分頃に早くもシステム変更。2トップの一角であったキングが左サイドに移り4-3-3(守備時:4-1-4-1)に。

ボーンマスの攻撃とアーセナルの守備 ※システム変更後※

システム変更により、ボーンマスはビルドアップ時にIHのゴスリングとフレイザーのポジショニングによってアーセナルのボランチをピン留めして前へのプレスを抑制し、アンカーのサーマンがフリーになりやすい状況を作った。

サーマンがCB or SB経由でボールを受けられるようになり、1stプレスラインを突破するシーンを増やした。前進に成功すると、サイドからファイナルサードに進入することを狙った。

ボーンマスの攻撃 ※システム変更後

  • 【定位置攻撃】 アンカーのサーマンを経由して前進しサイド攻撃

 

アーセナルの攻撃とボーンマスの守備 ※システム変更後※

さらにボーンマスは守備でも、システム変更により噛み合わせが良くなりIH2人ボランチ(ゲンドゥージ、トレイラ)を厳しくマークし、両サイドWB(コラシナツ、ジェンキンソン)へのパスコースを消しながら3バックの両脇(モンレアル、パパスタソプーロス)にプレスをかける形。さらに両SBも積極的に前に出てWBにプレスをかける。

これにより、アーセナルは自陣から前進できずにプレッシャーが厳しい状態でパスを回すシーンが増える。

しかし、次第に【ボランチ→WB→1.5列目】とダイレクトでパスを繋ぐことで前進するシーンを増やしていく。アンカーのサーマンアーセナルの1.5列目の2人がボールを受ける動きをケアしようとするものの、エジルムヒタリアンもポジショニングがうまく、プレッシャーを受けている状態でパスをもらってもボールコントロールが上手くてボールを失わず。

プレスを突破してしまえば敵陣の広大なスペースで3対3や3対4の状態となり、一気にゴール前まで運ぶシーンを作っていた。

アーセナルの攻撃 ※システム変更後

  • 【定位置攻撃】 ボランチ→WB→1.5列目とダイレクトでパスを繋いでプレスを突破

ボーンマスの守備 ※システム変更後

  • 【守備ブロック】 4-1-4-1でラインを高くして前から連動してプレス

 

試合は26分、ボーンマスの後方でのビルドアップのシーンでムヒタリアンがパスカット。PA右に走り込んだエジルにパスを出すと、飛び出したGKに対してエジルは冷静にムヒタリアンへリターンパス。これをムヒタリアンがダイレクトでゴールに突き刺し、アーセナルが追加点を奪うことに成功

しかし直後の29分、アーセナルがGKからのビルドアップ時、下りてきてレノからボールを受けたゲンドゥージゴスリングの厳しいプレスにあいボールロスト。ゴスリングはPA内で冷静に中に折り返して最後はムセのフィニッシュ。ボーンマスが1点返すことに成功。

試合はその後、両チームともに決定機を作れず、アーセナルが2-1でリードして前半を折り返す

前半のスタッツ

前半のスタッツ(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:SofaScore.com

前半、アーセナルがボール保持するシーンが多かったものの、シュート数アーセナル6本に対してボーンマス5本と差はなく。また、ビッグチャンス数両チームともに1回ずつ

【後半開始~55分】質の高さで上回り続けるアーセナル

 
後半開始早々の46分、アーセナルの右サイドからのFKの流れでそのままファイナルサードで押し込むと、右サイドでフリーになったムヒタリアンの速い折返しに中央でコシェルニーがダイレクトで合わせる。GKが弾くものの、ボールはゴールラインを超えておりゴールが認められる。アーセナルが後半早々に3点目を奪う
 
ビハインドが2点になったボーンマス変わらず前からプレスをかけるものの、突破を許してアーセナルのチャンスとなるシーンが続く。

【56~57分】ボーンマスのさらなる変更による改善

 

2018/2019 プレミア 28節 アーセナル対ボーンマス スタメンとフォーメーション

【アーセナル】基本:3-4-2-1 守備:3-4-3
【ボーンマス】基本:3-4-3 守備:3-4-3(5-4-1)
 
56分:【ボーンマス】アイブ → ダニエルズ
ボーンマスはDFのダニエルズを投入し、フォーメーションを3-4-3(守備時:5-4-1)に変更
 

アーセナルの攻撃とボーンマスの守備 ※システム”再”変更後※

この変更により、守備時の前線の噛みあわせは変わらないものの、ビルドアップの出口としてうまく使われていたアーセナルの1.5列目の2人に対してマークを明確にして対応したい狙いがあったと考えられる。

【57分~試合終了】ボーンマスを無効化したアーセナル

2018/2019 プレミア 28節 アーセナル対ボーンマス スタメンとフォーメーション

【アーセナル】基本:4-2-3-1 守備:4-4-2
【ボーンマス】基本:3-4-3 守備:3-4-3(5-4-1)
 

しかしわずか1分後にアーセナルが選手交代によりフォーメーション変更

57分:【アーセナル】コラシナツ → イウォビ
フォーメーションを4-2-3-1に変更し、イウォビは2列目左に入る。

エメリとしては、ボーンマスの狙いをあらかじめ想定した上での対応であった可能性もあるし、単純に週末のノースロンドンダービーへ向けてコラシナツを早めに下げたのかもしれない。

アーセナルの攻撃とボーンマスの守備 ※アーセナル変更後※

この変更により、噛み合わせて前からハメたいボーンマスに対して後方で数的優位を作れるようになるアーセナルボーンマスはそれでも前からのプレスを強め続けるが、逆に中盤より前と最終ラインの間が間延びしてしまい、これまで以上にスペースをうまく使われて縦に早い攻撃を許すことに。

すると直後の58分、カウンターでムヒタリアンのスルーパスを受けたオーバメヤンが最終ラインを一気に抜け出し、GKとの1対1でもGKを冷静にかわして追加点に挙げることに成功

63分:【アーセナル】ムヒタリアン → ラカゼット
ラカゼットがトップに入り、オーバメヤンが2列目右に移る。

69分:【ボーンマス】スミス → リコ

70分:【アーセナル】オーバメヤン → デニス・スアレス

その後もアーセナルが優勢に進めつつボーンマスが体力を消耗していく中、迎えた77分。PA手前からのアーセナルのFK。珍しいラカゼットのFKのシュートは壁を越えてキレイにゴール左隅に吸い込まれる。アーセナルがダメ押しの5点目。

79分:【ボーンマス】フレイザー → サリッジ

そのままアーセナルボーンマスを寄せ付けず快勝を収めた。

後半のスタッツ

後半のスタッツ(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:SofaScore.com

後半もシュート数は大差なく、アーセナル10本に対してボーンマス8本。しかし、枠内シュートアーセナル7本に対してボーンマス3本のみ。両チームともにポスト・バー直撃のシュート1本ずつあった。

 

【PickUpData】大きな差が出た決定力の違い

マッチスタッツ(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:SofaScore.com

試合を通して見ても、アーセナルビッグチャンス数2回のみにも関わらず5得点。ゴール前での決定力の高さを示した。

平均ポジション(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:whoscored.com

攻撃サイド(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:whoscored.com

ヒートマップ(左:アーセナル、右:ボーンマス)
引用:whoscored.com

アーセナルエジルが左サイド寄りでプレーすることが多く、そこを上手く起点にしていたことがわかる。対するボーンマスは、ファイナルサードにあまり進入できていなかったことがわかる。

ゴール期待値、パスマップ

【ゴール期待値】
アーセナル2.79点
ボーンマス0.89点

実際の得点差ほどゴール期待値に差は無かったアーセナルがビッグチャンスではないシーンでも高い決定力でゴールを奪ったことを表していると言える。

【PickUpData】圧巻のパフォーマンスを披露したエジルとムヒタリアン

エジルとムヒタリアンのスタッツ
引用:SofaScore.com

アーセナルの攻撃を牽引したエジルムヒタリアン

エジル1G1Aポスト直撃のシュート1本キーパス4本パス成功率96.9%で、ムヒタリアン1G2Aキーパス4本という圧巻のパフォーマンスを披露。

エジルのパス
緑:成功赤:失敗
引用:Arsenal公式

65本のパスを出したエジルは、失敗したパスがわずかに2本。しかもそのうちの1本はPA内のものである。ビルドアップで低めに下りてきたシーンが多かったわけでもなく、多くのパスがファイナルサードでのものである。

今後のビッグマッチを前にして、間違いなくコンディションが上がってきていると言えるだろう。

エディ・ハウの対応力の素晴らしさ

 Embed from Getty Images

41歳ながらすでにボーンマスの監督を7シーズン連続で務めているエディ・ハウ。イングランド代表監督やアーセナルのヴェンゲルの後任候補として噂された期待の若手監督は、この試合でも素早いシステム変更で試合の流れを変えようとした。

結果的にはアーセナルの質の高さによって大差が付いたが、怪我人が多発している状況が無ければ試合結果は全く異なるものになっていたかもしれない。

 

次節はアウェイでのノースロンドンダービー

 Embed from Getty Images

調子を上げてきたアーセナルは、週末にアウェイでノースロンドンダービー、さらに翌週にはEL・レンヌ戦マンチェスター・ユナイテッド戦を控える厳しい日程。リーグでの4位争いを左右する非常に重要な時期となりそうである。

ノースロンドンダービーでトッテナムを敗れば3位も視界に捉えることができる状況の中、最高のパフォーマンスを発揮することができるだろうか。そしてエジルに出番は訪れるだろうか。

前節の振り返りはこちら
空回ったサウサンプトン。アーセナル 対 サウサンプトン レビュー【2018/19プレミア第27節】

次節の相手・トッテナムとの前回対戦はこちら
エメリの采配が裏目に?アーセナル 対 トッテナム レビュー【2018/19 カラバオカップ 準々決勝】

North London is RED。アーセナル 対 トッテナム レビュー【2018/19プレミア第14節】

noteもやってます。よかったら見てください!
https://note.mu/polestar222