ワールドクラスの決定力!カーディフ 対 アーセナル レビュー【2018/19プレミア第4節】

プレミアリーグ

 Embed from Getty Images

開幕2連敗のあと、ウエストハムに勝利したアーセナルは、アウェイでカーディフと対戦。

ラムジーにとっては、自身が育った古巣との対戦になる。

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/09/02 プレミアリーグ第4節
カーディフ 2-3 アーセナル

12分 ムスタフィ

46分 カマラサ

62分 オーバメヤン

70分 ウォード

81分 ラカゼット

2018/2019 プレミア 4節 カーディフ対アーセナル

PickUpData:左サイドを起点にしたアーセナル

マッチスタッツ(左:カーディフ、右:アーセナル)
引用:whoscored.comカーディフ対アーセナル マッチスタッツ 2018/9/2

ポゼッションアーセナル72%を記録したものの、ビルドアップがうまくいかず、ボールを持たされていた時間が長かったともいえる。カーディフの枠内シュートは3本と少ないものの、全体のシュート数は14本と、かなりゴール前まで攻め込まれていたことがわかる。

平均ポジション(左:カーディフ、右:アーセナル)
引用:whoscored.comカーディフ対アーセナル 平均ポジション 2018/9/2

攻撃サイド(左:カーディフ、右:アーセナル)
引用:whoscored.com カーディフ対アーセナル アタックサイド 2018/9/2

ヒートマップ(左:カーディフ、右:アーセナル)
引用:whoscored.com カーディフ対アーセナル ヒートマップ 2018/9/2

2列目が、左:オーバメヤン、中:ラムジー、右:エジルという並びであり、エジルが中央寄りに位置し、ラムジーも左サイドに流れることが多かったため、攻撃サイドヒートマップかなり左サイドに寄っている

 

PickUpData:ラカゼットの攻撃での幅広い貢献

攻撃スタッツ
引用:whoscored.comカーディフ対アーセナル 攻撃スタッツ 2018/9/2

ラカゼットは、シュート数/枠内シュート数が5本/3本でキーパス数も3本という好パフォーマンスを披露。

ラムジーも、シュート数/枠内シュート数が2本/2本でキーパス数は4本を記録。

一方、オーバメヤンは見事なゴールを決めたものの、シュート数は2本に終わった。左サイドから中央に流れてくるシーンも多かったが、シュートにつなげた回数は少なかった。

エジルは、ビルドアップがうまくいかずになかなかボールを受けられず、キーパス数は1本にとどまった。終盤に意図的に下りてビルドアップに絡むようになると、スムーズに前線にボールを運ぶ役割をこなしていた。

パススタッツ
引用:whoscored.comカーディフ対アーセナル パススタッツ 2018/9/2

トレイラが20分の出場ながら、パス26本でパス成功率100%、アシスト1という素晴らしいパフォーマンスを見せた。

一方、ムスタフィパス成功率は80%、チェフは63%と、ビルドアップがうまくいかなったことがよく表れている。

 

間違いなくスタメン起用を考えさせるパフォーマンスを見せたトレイラ

途中出場ながら、間違いなく勝利の立役者となるプレーを見せたトレイラ。攻撃ではビルドアップをスムーズにしてリズムを作り、積極的に縦パスを入れて前進させ、最後は決勝点を見事にアシスト。守備でも、デュエル勝利数6回タックル3回と持ち味を発揮。

アシストの場面では、ラカゼットのもらいたい位置に完璧なパスを送り、さらには、そのあとPA内に走りこむ動きまで見せている。ラカゼットからの折り返しやシュートをGKが弾いた際の押し込みなど、違う状況になっていてもゴールにつながる可能性が高い動きを見せていた。

開幕から継続してきたゲンドゥージジャカのコンビが攻守ともにバランスに優れているとはいえないため、そろそろエメリはトレイラをスタメン起用してもおかしくないだろう。トレイラが90分プレーすることで、攻守においてバランスを与える選手であることがより証明されるはずである。

 

オーバメヤンとラカゼットのアベック弾。今後は共存がベースになるか?

Embed from Getty Images 

ようやくスタメンでオーバメヤンラカゼットが共存する形を採用したエメリ。

4-2-3-1でオーバメヤンは左サイドに位置したものの、前線までボールが来た際には、ラムジーが左サイド奥のスペースを使い、オーバメヤンがPA内に入るシーンがたびたびあり、2トップのようにも振る舞った

また、ラカゼットが右サイドに流れて起点を作るシーンでは、オーバメヤンラムジーが中に詰める形も見せた。

純粋な2トップではないものの、流れの中で柔軟にポジションをとることで、必ずストライカーどちらかがPA内で待つことができ、さらには飛び込めるラムジーもいたことで、ゴール前では常に相手に脅威を与えていたと言えるだろう。

2点目のシーンでは、エジルラカゼットオーバメヤンが見事な連携を見せた。エジルの縦パスからラカゼットがヒール気味にダイレクトで見事にオーバメヤンに落とし、前を向いたオーバメヤンは距離があったものの、狙いすましてカーブをかけたシュートでゴール右隅に突き刺した。

エジルのアイディアラカゼットのポストプレーオーバメヤンの決定力という前線3人のスキルが見事に発揮したゴールと言える。

後半途中からエジルが下りてビルドアップに絡むようになり、さらにトレイラ投入も重なり、かなり前線にボールが運べるようになった。エジルが下りたとしても、ラカゼットがいることでボールを受けにきて的確に落とすプレーができるため、間延びすることなく攻撃をすることができていた。

やはり、ラカゼットの万能性は素晴らしく、トラップ落としサイドに流れる動き裏抜けシュートなど、あらゆるプレーを高いレベルでこなすことができるFWである。オーバメヤンラムジーの飛び出しを活かすにも、ラカゼットは必須であることは間違いない。

ビルドアップで苦戦した課題はすぐには解決しないかもしれないが、前線の攻撃力を活かすには、オーバメヤンラカゼットの共存を今後はベースにしていくことが間違いなくベストであると言えるだろう。

 

次節はいよいよトレイラがスタメンで起用されるか

開幕から連敗の後にようやく連勝で流れが変わりつつあるアーセナル。ELのグループステージも始まるが、スタメンを変更したり、控えメンバーを試すなど、より幅広い采配が求められるだろう。幸いにもそれほど強い相手との対戦が無いため、ここでチームとしての成熟度を高めていきたいところである。

次節こそ、いよいよトレイラがスタメン起用される姿を見てみたい。

前節の振り返りはこちら

関連記事:アーセナルの前線の最適解を考える~その1:分析編~【2018/19シーズン】

関連記事:組み合わせ決定!アーセナルのヨーロッパリーグ展望【2018/19シーズン】