苦しみながらも初のクリーンシート!アーセナル 対 エバートン レビュー【2018/19プレミア第6節】

プレミアリーグ

Embed from Getty Images 

トレイラが満を持してリーグ戦初スタメン。前線はおなじみのメンバーが並び、オーバメヤンラカゼットを同時起用したアーセナル。

 

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/09/23 プレミアリーグ第6節
アーセナル 2ー0 エバートン

56分 ラカゼット

59分 オーバメヤン

2018/2019 プレミア 6節 エバートン対アーセナル

PickUpData:ジャカからモンレアルのラインしかつなげなかったアーセナル

マッチスタッツ(左:アーセナル、右:エバートン)
引用:whoscored.comアーセナル対エバートン マッチスタッツ 2018/9/23

アーセナルは、エバートンのサイド攻撃に苦しめられ、ドリブル12回許している。

シュート数でも、合計数は同じながら、エバートンの方が枠内シュート数が多く、チェフらの守備陣の奮闘が際立った。

平均ポジション(左:アーセナル、右:エバートン)
引用:whoscored.com アーセナル対エバートン 平均ポジション 2018/9/23

攻撃サイド(左:アーセナル、右:エバートン)
引用:whoscored.com アーセナル対エバートン 攻撃サイド 2018/9/23

ヒートマップ(左:アーセナル、右:エバートン)
引用:whoscored.com アーセナル対エバートン ヒートマップ 2018/9/23

いつも通り左サイド偏重な攻撃ながら、内容としては、エバートンの守備に苦戦し、右サイドと中央を効果的に使えず。いつも以上に左サイドに偏らざるを得なかった。ジャカからモンレアルへのタッチライン際の展開でなんとか前へボールを運ぶのみしかほとんどできなかった印象が強い。

 

PickUpData:前線の守備の献身性とチェフとホールディングの奮闘

アーセナルの守備スタッツ①
引用:whoscored.comアーセナル対エバートン 守備スタッツ 2018/9/23

苦しい展開ながら、前線のメンバーの守備での貢献も目立ち、エジルタックル成功数4回ラカゼットタックル成功数3回を記録。

ラカゼットはもともと守備意識が高い選手として、エジルのこの試合での献身性は特筆すべきものだろう。

アーセナルの守備スタッツ②
引用:whoscored.com アーセナル対エバートン 守備スタッツ 2018/9/23

パパスタソプーロスの負傷により途中出場したホールディングであるが、不安視されながらもクリーンシートに貢献し、クリア数ではチームトップの6回を記録。

チェフのスタッツ
引用:sofascore.com
アーセナル対エバートン チェフ スタッツ 2018/9/23

この試合のMOMは、間違いなくチェフセーブ6本で、そのうちボックス内シュートのセーブ3本

足元のテクニックで批判を浴び続けながらも、毎試合のようにビッグセーブを連発しており、守備陣の不安定さを完全にカバーしていると言っていいだろう。

PickUpData:エバートンの果敢なサイド攻撃とゲイエの圧倒的な守備スタッツ

エバートンの攻撃スタッツ①
引用:whoscored.com アーセナル対エバートン エバートンの攻撃スタッツ 2018/9/23

試合序盤のエバートン立て続けのサイド攻撃の印象が強く残ったが、終わってみればリチャーリソンドリブル成功数わずか1回。しかし、同サイドのディーニュ3回成功しており、左サイド(アーセナルの右サイド)から攻め込まれていたことがわかる。

エバートンの攻撃スタッツ②
引用:whoscored.comアーセナル対エバートン エバートンの攻撃スタッツ 2018/9/23

クロス本数では、ディーニュ10本シグルズソン8本リチャーリソン4本を記録しているものの、そのうちの成功数はそれぞれ、1本3本0本と、最終的な精度の低さが試合結果に影響したと言えるだろう。アーセナルの守備陣も最後の局面で粘り強く守りきった。

エバートンの守備スタッツ
引用:whoscored.comアーセナル対エバートン エバートンの守備スタッツ 2018/9/23

ゲイエタックル成功数10回を記録。その他、インターセプト3回クリア3回

アーセナルは中央のエリアをなかなか有効に使えず、ゲイエの守備に苦しめられた。

PickUpData:ボランチのポジショニング

ボランチのプレーエリア
引用:sofascore.com

アーセナル対エバートン ボランチ sofa 2018/9/23

初めてジャカトレイラがスタメンを組んだこの試合。これまでのトレイラの途中出場の場面は、リードされていたり、うまくいっていないタイミングでの投入が多かったため、スタメンでプレーした際のパフォーマンスが注目された。

やはりゲンドゥージとの違いは、ピッチ中央にとどまる意識が高い点か。守備能力が高く、この試合でも何度も鋭いタックルを見せてチャンスを潰していたし、ビルドアップでも、サイドに寄るよりは中央やハーフスペースをうまく活用することを意識しているように見える。

これまでの途中出場時のトレイラ、より攻撃に貢献するために前目にポジショニングを取ることが多かったが、この試合では、守備のバランスを取るために、トレイラが後ろ目に残り、ジャカがいつもよりも前線に絡んでいくシーンが多かった。実際にプレーエリアを見ても、ジャカはハーフウェイラインを超えた位置で多くプレーしている。

ボールコントロールや体の反転などはジャカよりもトレイラのが優れているため、前線の狭いエリアでのプレー適性は間違いなくトレイラのほうがあるだろう。しかし、守備を考えると、トレイラの1対1の強さやカバーリング能力を活かすためには後ろに残したほうがより効果的であり、このあたりのバランスは今後の課題になるだろうか。

また、この試合で出場機会の無かったゲンドゥージであるが、トレイラと組んだ場合にどのようなパフォーマンスを見せるのか、どこかで長い時間テストしてほしいものである。

 

得点にならなかったものの、連動して崩した素晴らしいプレー

なかなか中央を使えなかったアーセナルであるが、このシーンではラムジーが低い位置まで下りて組み立てに絡み、トレイラも連動して囮となり、縦パスをラカゼットがダイレクトで落としてチャンスとなった。

おそらく、何人かの選手たちが同じイメージを描いた上で、精度の高いプレーでそれを実行できたシーンだろう。

サイドを起点にする場面が多い今季のアーセナルであるが、エジルラムジーが絡んで中央を使った攻撃がもっとできるようになれば、より幅広い攻撃が可能となって、前線のストライカーの決定力もより活かすことができるだろう。

ラカゼットの見事なワールドクラスのゴール

先制点は、ラカゼットの見事なゴール。まるでアンリを彷彿とさせるような左45度からの巻いたシュートは、GKはほぼノーチャンスとも言えるコースへ。

ラムジーの見事な反転による前を向いたプレーも素晴らしかった。

 

次節は今季絶好調のワトフォード戦

苦しみながらも今季初のクリーンシートで4連勝を果たしたアーセナルは、次節、絶好調で4位につけるワトフォードとの対戦。ディーニーらの攻撃陣を抑えることは簡単ではないが、上位に浮上するためには勝利が必須。

ムヒタリアンパパスタソプーロスの負傷もあり、カップ戦との両立もある厳しい状況であるが、波に乗るための非常に重要な試合となるだろう。

前節の振り返りはこちら