アーセナルの2019-2020シーズンのスカッド・フォーメーション【スカッド確定版】

2019年6月30日アーセナル

アーセナル2019-2020シーズンのスカッドとフォーメーション

CL復帰を目指すエメリ2年目の2019-2020シーズン。気になるスカッドとフォーメーションをチェックしよう。

 

2019-2020シーズンのアーセナルのスカッド

トップチーム(ホームグロウン&非ホームグロウン)

アーセナルのトップチームの暫定スカッドとして、20選手が名を連ねる。(U-21枠メンバーを除く)

・ホームグロウン:6名
・非ホームグロウン:14名
(規程では、スカッド全体の上限は25名非ホームグロウンの上限は17名

【FW】2名
オーバメヤンラカゼット

【MF】5名
エジルジャカトレイラセバージョスニコラ・ペペ

【DF】10名
ダビド・ルイスムスタフィパパスタソプーロスホールディングチェンバースマヴロパノス
コラシナツティアニーベジェリンナイルズ

【GK】3名
レノマルティネスメイシー

ホームグロウン
ブルー新加入

ナイルズマヴロパノスは、2019-2020シーズンからU-21扱いではなくなることに。

最終的に非ホームグロウン枠は14名に。上限まで3人分の余裕があり、冬の移籍市場で新戦力を獲得する場合にも問題にならない状況。

 

U-21

U-21に該当する選手はトップチームのスカッドの人数としてカウントされず、無制限に起用できる。

※2019-2020シーズンは、1998/1/1以降に生まれた選手がU-21として扱われる。
(参考:プレミアリーグ公式

膨大な数の選手が登録されるため、有力選手のみ紹介。

※有力選手のみ ★新加入

FW:マルティネッリジョン・ジュールス
MF:ネルソンスミス・ロウゲンドゥージウィロックサカバートン
DF:メドリー

 

昨シーズンもトップチームに帯同することがあったウィロックに加え、ネルソン、スミス・ロウマルティネッリもトップチームのスカッド入り。

ゲンドゥージは言うまでもなくトップチームでレギュラー争いをする立ち位置。

プレシーズンでポテンシャルを見せたジョン・ジュールスサカバートンメドリーらはカップ戦やELのグループステージでは出番が訪れるかもしれない。

 

ローン移籍

2019-2020シーズンに他クラブへローン移籍する選手は以下の通り。

FW:エンケティア →リーズ(英2部)
MF:ムヒタリアン →ローマ
MF:ベン・シーフ →ドンカスター(英3部)
MF:エルネニー →ベシクタシュ
DF
オセイ=トゥトゥ →ボーフム
DF:サリバ →サンテティエンヌ
DF:バラード →スウィンドン・タウン(英4部)
GK:イリエフ →ŠKFセレヂ

 

プレシーズンにアピールしトップチームの戦力として期待されたエンケティアは、ローンでより一層の成長を期待することに。

新加入のサリバは、2019-2020シーズンはローンという形でサンテティエンヌでもう1年間プレー。

 

2018-2019シーズン終了後に退団

2018-2019シーズン終了後にアーセナルを退団した選手たちは以下の通り。

FW:ウェルベック →ワトフォード
FW:アマエチ →ハンブルガーSV
FW:浅野 →パルチザン・ベオグラード
FW:ヌワカリ →ウエスカ
MF:ラムジー →ユベントス
MF:デニス・スアレス ※ローン終了
MF:ギルモア →ノリッジ
DF:リヒトシュタイナー →アウクスブルク
DF:コシェルニー →ボルドー
DF:モンレアル →レアル・ソシエダ
DF:ブラモール
DF:プレゲズエロ →トゥエンテ
DF:ビエリク →ダービー
DF:ジェンキンソン →ノッティンガム・フォレスト
DF:トンプソン →ブレントフォード
GK:チェフ ※引退

 

ラムジーコシェルニーモンレアルイウォビが移籍し、チェフも引退。ウェルベックは負傷による長期離脱のまま退団が決定し、リヒトシュタイナーも契約延長に至らなかった。

さらに、U-23チームでキャプテンを務め、トップチームのカップ戦でも可能性を見せるプレーを披露していたプレゲズエロのトゥエンテへの完全移籍が決まった。

3トップの採用も? ~アーセナルのフォーメーション考察~

4-2-3-1と3-4-2-1は引き続きベースとなるのか?

2018-2019シーズン フォーメーション別成績Arsenal_フォーメーション別成績_2018-2019シーズン

2018-2019シーズンには、8種類のフォーメーションを使い分けたエメリ。

しかし、まんべんなく使い分けたと言うよりは、ベースとなる4-2-3-1と3-4-2-1から出場可能選手や対戦相手に合わせてアレンジしたとも捉えられる。

新シーズンもこの2つのフォーメーションがベースになるのだろうか。メンバーを当てはめて選手層を確認してみたい。

4-2-3-1での選手層

アーセナルの2019-2020シーズン-フォーメーション-スカッド_4-2-3-1

2列目はラムジーウェルベックデニス・スアレスイウォビムヒタリアンが抜け、ニコラ・ペペセバージョスマルティネッリを補強。即戦力として期待されるセバージョスニコラ・ペペに加え、若手にも期待せざるを得ない陣容に。

また、プレシーズンではオーバメヤンをサイド起用してラカゼットと共存させる形をたびたび試しており、2列目の左右にオーバメヤンニコラ・ペペという布陣も十分に考えられる。

さらにセバージョスはボランチでもプレーできることから、トップ下にエジル、ボランチにセバージョスという組み合わせが実現する可能性もあるだろうか。

 

3-4-2-1での選手層

アーセナルの2019-2020シーズン-フォーメーション-スカッド_3-4-2-1

コシェルニーが退団したものの、急転直下でダビド・ルイスを獲得。コシェルニーと特徴は異なるものの、左CBとしてもプレーできる点は大きいだろう。

左SB(WB)にはティアニーを獲得したものの、移籍市場最終日にモンレアルが退団。守備に不安のあるコラシナツと新加入のティアニーという層になる左サイドがどれだけ機能するかはひとつのポイント。

昨シーズンの3-4-2-1プレー時には中盤と前線を繋ぐ役割をこなせる選手が不足していたが、セバージョスがボランチに入ることでその役割を担える可能性があるように思える。

ニコラ・ペペを獲得したことで、3-4-2-1というよりも純粋な3トップの3-4-3になるかもしれない。エジルムヒタリアン)以外はサイドアタッカータイプであることから、そのほうが各選手の持ち味が発揮しやすいか。

 

4-3-3採用の可能性

アーセナルの2019-2020シーズン-フォーメーション-スカッド_4-3-3

セバージョスニコラ・ペペの加入により、採用する可能性が高まると思われるのが4-3-3

セバージョスはIHがベストなポジションであるはずであり、さらに3トップはラカゼットオーバメヤンニコラ・ペペという強力なトリオを起用できる。

中盤3枚が若干物足りないようにも見えるが、ナイルズをIH、チェンバースダビド・ルイスをアンカーで起用するオプションもあるはず。さらにプレシーズンで安定したパフォーマンスを見せたウィロックもIHは適任だろう。

 

FWは1トップ?2トップ?DFは3バック?4バック?

フォーメーションを1つ2つに固定する可能性は少ないように思える。相手に合わせて対応する傾向は大まかには変わらないのではないだろうか。そう考えると、最終ラインは3バックと4バックを使い分けることが濃厚だろう。

Embed from Getty Images 

そして、アーセナルの一番の強みである2人のストライカーの起用法はどうなるか。強みを最大限に活かすために2トップをメインにするという可能性もあるが、鍵を握るのはエンケティアセバージョスになるかもしれない。

シーズン通して2トップをメインとして採用する場合、FW3番手がより重要となってくるだろう。新たにFWを獲得する可能性は少なく、エンケティアがその立ち位置になることが濃厚であるが、プレシーズンマッチでゴールを重ねており、トップチームでも問題なくプレーできることをアピールしている。オーバメヤンラカゼットとレギュラー争いするレベルを求めることは酷であるものの、3番手としては十分な働きが期待できるかもしれない。エンケティアのブレイクが2トップ採用を増やすキーポイントのひとつとなる。
※エンケティアのローン移籍が決定

そしてもうひとつのキーポイントが、新加入となるセバージョスの存在。2トップを採用する場合、3-4-1-24-4-2が考えられるが、昨シーズンのボランチ陣の特徴では前線への関与が少なくて厚みのある攻撃を生み出せず、サイド+2トップ頼みの攻撃になりやすかった。しかし、セバージョスをボランチの一角で起用すれば、中盤と前線のつなぎ役を果たしてくれるかもしれない。そうすれば攻撃に厚みが出てくるし、3-4-1-2でエジルトップ下に起用した場合でも、エジルが下がってボールを受ける必要がなくなり、よりエジルがファイナルサードで仕事ができるようになるのではないだろうか。

2トップをより活かすことができるかどうかが新シーズンの最重要ポイントとなり、CL復帰への鍵となるだろう。

エメリの采配の特徴は2年目に変わるのか

Embed from Getty Images 

エメリの2018-2019シーズンの采配を見る限り、自分たちのやり方を貫くより、相手に合わせて対応する監督であることが明確である。それにより、TOP6との直接対決の内容・結果が改善されたとも言える。2019-2020シーズンもその傾向は大まかには変わらないだろう。

しかし、就任1年目のシーズンで、プレミアリーグの特徴を把握したり、所属メンバーの特徴や怪我人の状況に合わせて采配していく中で、仕方なくそうせざるを得なかった部分も多少あるかもしれない。

特にシーズン前半、ビルドアップ時の数的優位の作り方にバリエーションを持たせたり左右のサイドでオーバーロード&アイソレーションの関係を作ったりしており、戦術的に仕込んで浸透させていくことを全くやろうとしない監督というわけではないだろう。シーズン中盤辺りからその傾向が薄まったように見えたのは、ホールディングやベジェリンの長期離脱も影響しているかもしれない。

 

自分たちの質的優位を活かすための戦術を成熟させていくこと相手に合わせて柔軟に対応できるように幅広いやり方を底上げしていくこと、それらのバランスが2年目にどうなるのかが注目ポイントとなる。

 

アーセナルの新加入選手の特徴、プレースタイルはこちら

プレミアBIG6のスカッド、フォーメーションはこちら

アーセナルのプレシーズンの振り返りはこちら

 

アーセナルの
新ユニフォームをチェックする