新加入が噂される選手の特徴は?【アーセナル | 2018冬】

プレミアリーグ

 

 

冬の新戦力獲得は実現するか?

冬の補強に対しては否定的なコメントが出されていたものの、ウェルベックの長期離脱、ラムジーの来夏の退団濃厚という状況を受けて、補強の可能性が出てきている。

夏より課題となっている純粋なサイドアタッカータイプの獲得などが検討されるだろう。

アーセナルによる獲得が噂される選手たち

この冬に獲得が噂される選手たちの特徴をチェックしていきたい。

WG:ニコラ・ペペ

PLAYER DATA

リーグ・アン:リール所属

コートジボワール代表、1995年生まれ(23歳)

右WG・FW、183cm、左利き

リーグ・アンで14試合8ゴール5アシストと絶好調のニコラ・ペペ。左利きながら右サイドでのプレーを得意とするため、なかなか定まらない2列目右のレギュラーとして期待できるかもしれない。

ニコラ・ペペの特徴
引用:WhoScored

スルーパスロングシュートドリブルが優れている。空中戦の競り合いボールキープフィニッシュオフサイド守備意識が弱い。

カットインドリブルショートパスを好み、被ファールが多くタックルに飛び込まない傾向がある。

テクニックがあり、リーチの長さを活かしたボールコントロールが非常に優れていることがわかる。

WG:ウスマン・デンベレ

PLAYER DATA

ラ・リーガ:バルセロナ所属

フランス代表、1997年生まれ(21歳)
ウイング、177cm、左利き

夏に続き獲得が噂されるウインガー。バルセロナが移籍を容認すると噂されており、十分に獲得の可能性があるだろう。

デンベレの特徴
引用:WhoScored

クロスドリブルが非常に優れており、キーパスフィニッシュパス直接フリーキックセットプレーも優れている。

空中戦の競り合い守備意識は弱い。

レイオフドリブルを好み、間接フリーキックカウンターを得意とする。タックルに飛び込まない傾向がある。

突破力があり、ゴールへの意識がかなり強いことがわかる。

攻撃的MF:アルミロン

PLAYER DATA

MLS:アタランタ・ユナイテッド所属
パラグアイ代表、1994年生まれ(24歳)

トップ下・左SH、174cm、左利き

メジャーリーグサッカーで活躍しており、2017シーズンにはオールスターやベストイレブンにも選出されている。

アルミロンの特徴
引用:WhoScored

キーパスドリブルロングシュートが非常に優れており、クロススルーパスセットプレイフィニッシュも優れている。空中戦の競り合いに弱い。

カウンターアタックを得意とし、カットインドリブルショートパスレイオフを好む。被ファールが多い傾向がある。

ゴールに絡むことができる選手。プレー中の姿勢・体の使い方と遠めからのルックスがかつてのナスリを思わせる。

攻撃的MF:フォルナルス

PLAYER DATA

ラ・リーガ:ビジャレアル所属
スペイン代表、1996年生まれ(22歳)

トップ下・CH、178cm、右利き

カソルラとともにビジャレアルでプレーしているMF。バルセロナも獲得を目指しているとの噂も。

フォルナルスの特徴
引用:WhoScored

ドリブルロングシュートボールキープが優れている。空中戦の競り合いに弱い。

ドリブルタックルを好む。

柔らかいテクニックを持っていることがわかる。

ボランチ:ヴァイグル

PLAYER DATA

ブンデスリーガ:ドルトムント所属
ドイツ代表、1995年生まれ(23歳)

ボランチ、186cm、右利き

ミスリンタートお得意のドルトムントからの獲得なるか。オーバメヤンムヒタリアンパパスタソプーロスとの連携の良さから、チームに早くフィットすることが期待できる。アンカーとしてプレーでき、ジャカトレイラとの3センターでの起用が期待できる。

ヴァイグルの特徴
引用:WhoScored

パス集中力が優れている。ロングシュートタックルを好む。

アンカーとしてゲームを組み立てることができ、サイドへの大きな展開を可能とするパス精度を持っている。

 

獲得が噂される選手たちのスタッツ比較

攻撃的プレイヤーのスタッツ比較
(今シーズン、90分あたり ※2018/11/28時点)

引用:Squawka

デンベレチャンスクリエイト数1対1突破が際立っている。バルセロナでプレーしているためチャンスが多いというメリットの反面、ラ・リーガのレベルでのスタッツであることを踏まえると、高い評価となることは間違いないだろう。

ペペアルミロンゴールでもアシストでも貢献できる選手であることがわかる。

既存選手と獲得が噂される選手のスタッツ比較

アーセナルの既存の選手と獲得が噂される選手の今シーズンのスタッツを比較してみる。

サイドアタッカーのスタッツ比較
(今シーズン、90分あたり ※2018/11/28時点)

引用:Squawka

ゴール数では、オーバメヤンがFWの選手であるため多いものの、ペペデンベレもかなり近いスタッツを記録している。それ以外の5項目では、いずれもペペデンベレが一番高い数値を記録している。リーグやチームの違いがあるため一概に評価できないものの、ゴールに絡むことができる攻撃的な選手たちであることは間違いないだろう。

トップ下のスタッツ比較
(今シーズン、90分あたり ※2018/11/28時点)

引用:Squawka

アルミロンゴールに関わるスタッツが非常に優れていることがわかる。フォルナルスはSHやCHでもプレーできることもあり、守備でも貢献できることがわかる。

 

冬に戦力アップし、タイトルレースに割り込めるか?

プレミアリーグで上位に食らいついているものの、CL出場権争いが精一杯という状況であると言える。エメリ初年度であり、ここまでは十分な結果を出しているとも言えるが、プレミアリーグでより上位を目指し、ELのタイトルも狙うのであれば、冬の戦力アップは必要だろう。

アクセントを付けられる攻撃的選手の獲得に期待したい。

プレミアTOP6の冬の最新移籍情報はこちら↓↓

夏に噂された選手の振り返りはこちら↓↓