3種類のフォーメーションを披露。アーセナル 対 ウォルバーハンプトン レビュー【2018/19プレミア第12節】

プレミアリーグ

Embed from Getty Images 

 

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/11/11 プレミアリーグ第12節
アーセナル 1-1 ウォルバーハンプトン

13分 カバレイロ
86分 ムヒタリアン 

前半

2018/2019 プレミア 12節 アーセナル対ウォルバーハンプトン
【アーセナル】基本:4-2-3-1 守備:4-4-2
【ウルブズ】   基本:3-4-3 守備:5-4-1

 

序盤からアーセナルがボールを保持するも、ウルブズの守備に対して効果的に前進できず。ウルブズは組織的に守りつつ、カウンターとドハーティーの高さを活かした起点によって、シュートシーンを作る。

13分、コラシナツからジャカへのパスをジャカがスルーしてしまい、そのままウルブズがショートカウンター。最後はカバレイロがゴール前に詰めて押し込んで、ウルブズが先制に成功する。

リードを許したアーセナルエジルがビルドアップに絡んで打開を図ろうとするも、それほど改善できず。

ウルブズのリードで前半を折り返す。

アーセナルのビルドアップとウルブズの守備

ウルブズは守備時に5-4-1になるものの、引いて守るのではなく、特にジャカトレイラに強めにプレッシャーをかけてきた。コスタカバレイロはボランチにプレスをかけつつ、高めのSBへのパスコースも制限し、モウチーニョネヴェスは縦パスのコースを塞ぐ。CBへボールを戻すと、SBへのパスコースは空くものの、ウルブズのSHが前に出てプレスをかけるため、SBが前を向くこともできず。

前進できないアーセナルは、13分の失点後、エジルジャカトレイラの高さまで頻繁に下りてくるようになり、ウルブズがマークしにくい状況を作って余裕を持ってボールを保持できるようになるものの、前で受ける選手がイウォビしかいなくなり、効果的に崩すことはできず。

前半のスタッツ

アーセナルシュート数3本枠内シュート数0本に終わり、ウルブズが効果的なプレーでリードして前半を終えた。アーセナルは効果的に前進できず、押し込んでもインターセプトされてカウンターを受ける形を繰り返す。ウルブズは前半だけでインターセプト数16回を記録した。

後半開始~75分

2018/2019 プレミア 12節 アーセナル対ウォルバーハンプトン
【アーセナル】基本:4-3-1-2 守備:4-3-3
【ウルブズ】   基本:3-4-3 守備:5-4-1

 

アーセナルは後半開始時、イウォビを下げてゲンドゥージを投入。今季初の4-3-1-2に変更して、中盤を3センターとする。

後方ではより余裕を持ってボールを保持できるようになったものの、間でボールを受ける選手が減ったことで、やはり前半と変わらず中央を崩せず。

アーセナルのビルドアップとウルブズの守備

アーセナル3センターに変更し、両SBが高めをキープし、ジャカは比較的フリーでボールを持てるようになったものの、ゲンドゥージトレイラコスタカバレイロにマークされており、ジャカはなかなかパスを出すところを見つけられず。前半同様、徐々にエジルが下りてくるようになり、代わりにトレイラジャカが高めにポジショニングしたりしたものの、前で効果的なプレーをできる選手がいないことで、サイドに人数をかけて前進するしか無い状況となった。

76分~

2018/2019 プレミア 12節 アーセナル対ウォルバーハンプトン
【アーセナル】基本:4-4-2 守備:4-4-2
【ウルブズ】   基本:3-4-3 守備:5-4-1

 

ウルブズの守備を崩せないアーセナルは75分、コラシナツエジルを下げてムヒタリアンラムジーを投入。フォーメーションを4-4-2に変更し、ジャカが左SBに入る攻撃的な布陣に。

一方のウルブズは、快速のアダマ・トラオレを投入し、最前線へ配置。カウンターでアーセナルを脅かす作戦。

86分にアーセナルはコーナーキックの流れからムヒタリアンがクロスを上げると、そのまま誰も触れずにゴールネットを揺らして同点に追いつく。

同点で迎えた後半ロスタイム、ウルブズトラオレを活かして2回の決定機を作るものの決められず、引き分けで試合を終えた。

後半のみのスタッツ

後半はアーセナルも押し返したものの、枠内シュート3本ビッグチャンス1回に留まる。ウルブズは前半同様カウンターで惜しいシーンを何度も作った。アーセナルは中央を崩せずにサイドからのクロスに終止したものの、17本クロスはすべて失敗。ウルブズは後半もインターセプトクリアでアーセナルの攻撃を跳ね返し続けた。

 

【PickUpData】ウルブズはインターセプト28回、クリア26回を記録

マッチスタッツ①(左:アーセナル、右:ウルブズ)
引用:SofaScore.com

シュート数枠内シュート数ビッグチャンス数でいずれもウルブズが上回った。カウンター5回を記録している。しかし、アーセナルレノ4本ビッグセーブで失点を1に抑えた。

マッチスタッツ②(左:アーセナル、右:ウルブズ)
引用:SofaScore.com

アーセナルは主に左サイドからクロスを上げ続け、中央ではラカゼットオーバメヤンが待ち構える状況であったものの、27本クロスのうち成功したクロスはわずか2本に留まった。

ウルブズは試合を通じてインターセプトに成功しており、その数は計28回に及んだ。

平均ポジション(左:アーセナル、右:ウルブズ)
引用:whoscored.com

攻撃サイド(左:アーセナル、右:ウルブズ)
引用:whoscored.com

ヒートマップ(左:アーセナル、右:ウルブズ)
引用:whoscored.com

攻撃サイドヒートマップともに、アーセナル左サイドウルブズ右サイドから攻撃を繰り返しており、同サイドでの攻防が激しかったことを表している。ウルブズは敵陣側の左サイドをほとんど使っておらず、アーセナルの左サイドの裏を有効に使ってゴール前で危険なシーンを使ったと言えるだろう。

【PickUpData】2トップのシュートシーンを全く作れず

アーセナルのパススタッツ
引用:whoscored.com

ジャカはボランチ、終盤は左SBでプレーし、パス109本クロス12本を出したものの、キーパス数0本成功したクロス0本に終わり、ボールに絡みながらも効果的なプレーができなかった。

アーセナルの攻撃スタッツ
引用:whoscored.com

フル出場し、後半は2トップでプレーしたオーバメヤンラカゼットであるが、ともにシュート1本のみに終わり、いかにFWのシュートシーンを作ることができなかったかを表してる。

【PickUpData】ウルブズの両SHが攻守に奮闘

ウルブズの守備スタッツ
引用:whoscored.com

ウルブズは、左SHのジョニータックル6回インターセプト5回を記録し、右SHのドハーティーインターセプト5回クリア5回を記録。両サイドのSHが守備で大きく貢献した。

ドハーティーのスタッツ
引用:SofaScore

ドハーティーは、パスわずか18本であったにも関わらず、キーパス数3本。カウンターでアーセナルに脅威を与え、攻撃でも大きく貢献した。

【PickUpData】ゴール期待値はウルブズが圧倒

アーセナルゴール期待値1.22点に終わり、ゴールシーンも崩したとは言えない形での得点となった。一方のウルブズ2.73点を記録し、終盤のカウンター3回でのシュートシーンは限りなく2点目に近づいていたと言えるだろう。

 

オーバメヤンの左サイド起用をいつまで継続するか

Embed from Getty Images 

ラカゼットオーバメヤンの同時起用で一定の結果を残してきたものの、試合内容を見るとうまくいってるとは言えず、両ストライカーの決定力で勝ち点を拾ってきたと言えるだろう。

左SBにモンレアルがいまだ復帰できていない影響もあると言えるが、ビルドアップでのオーバメヤンの貢献度の低さは明確であり、そろそろ左サイドでの起用を再考すべきではないだろうか。

イウォビが好調であり左サイドの方がプレーしやすく、またFWもウェルベックが離脱のためにベンチにエンケティアしか置けない状況のため、トータルで考えるとオーバメヤンを控えスタートでベンチに置いておくほうがいいのではないか。

これ以上怪我人を出したくない状況で、トップの1ポジションをラカゼットオーバメヤンで回していくほうがより賢明であるのではないだろうか。

 

スポルティング戦に続く低調な内容

負けずに勝ち点1を拾ったと言えるものの、公式戦3戦連続となるドロー。スタメンをある程度固定してきたことで、戦術の浸透よりも疲労の蓄積が目立ってきたのかもしれない。代表ウィークを挟み、エメリがどのように立て直すのかに注目したい。

関連記事:【今季プレミア最注目MF】シティも獲得を狙うルベン・ネヴェス

前節の振り返りはこちら