リーグ戦初の3-4-2-1。ボーンマス 対 アーセナル レビュー【2018/19プレミア第13節】

プレミアリーグ

Embed from Getty Images 

 

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/11/25 プレミアリーグ第13節
ボーンマス 1-2 アーセナル

30分 OG(レルマ)

46分 キング

67分 オーバメヤン

前半

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル スタメンとフォーメーション

【ボーンマス】基本:4-4-2 守備:4-3-3
【アーセナル】 基本:3-4-2-1 守備:3-4-3(5-4-1)

アーセナルはリーグ戦で初めて3-4-2-1を採用。ELでは機能しなかったものの、その後の戦術浸透度が試される。

3バックが機能しないもののクリーンシートで勝利。カラバフ 対 アーセナル レビュー【2018/19 EL GS第2節】

序盤からボーンマスが勢いを見せると、7分にブルックスがゴールネットを揺らすものの判定はオフサイド。その後徐々にアーセナルも攻撃を仕掛け始め、トレイラのミドルシュートがポスト直撃する場面も。

迎えた29分、中盤でボール奪取したアーセナルが左サイドに展開すると、コラシナツの折返しをレルマがクリアしようとしたボールが豪快にゴールネットに突き刺さり、オウンゴールでアーセナルが先制する。

アーセナルリードで迎えた前半ロスタイム、アーセナルが押し込んでいるところでボーンマスがボールを奪うと、一気にカウンターを仕掛けて、前線4人の見事な動きで崩しきり、最後はキングが決めて同点に。

同点で前半を折り返す。

アーセナルのビルドアップとボーンマスの守備

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル フォーメーション

アーセナルの低めでのビルドアップ時、ボーンマスはアーセナルの3バックに対して同数プレスをかけてきた。これにより低めからボールを繋いで揺さぶる展開は困難になり、レノからのロングボールも多くなった。高さの競り合いに強い選手が乏しい(強いて言えばオーバメヤンコラシナツくらい)アーセナルは苦戦する。

しかし、中盤ではボーンマスが3枚しかおらず、均等にポジショニングするというよりはアーセナルの左サイド寄りにマークする形になり、ベジェリンが比較的フリーとなるシーンが多くなった。フレイザーが走力を活かしてムスタフィにプレスを掛けつつベジェリンもチェックしようとするものの、アーセナルはうまくつないでベジェリンにボールを入れて前進に成功し、ダニエルズとの1対1やムヒタリアンアケを含めた2対2のシーンを作ることでゴール前に迫った。

ボーンマスのビルドアップとアーセナルの守備

ボーンマスはビルドアップ時にCBが開き気味で、ゴスリングが少し落ちてサポートしたりするものの、アーセナルは前から3枚、中盤から4枚が積極的にプレスをかけて、後方でボールを自由に繋げない状況を作った。

しかしこれに対してボーンマスは、PA脇のスペースキングウィルソンが走り込んでボールをキープして起点を作り、その間にフレイザーブルックスが前線に走り込んでゴールを狙う形を作った。

前半のスタッツ

前半のスタッツ(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:SofaScore.com2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 前半スタッツ 2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 前半スタッツ

アーセナルシュート10本枠内シュート3本トレイラのミドルシュートがポスト直撃などがあったものの、ゴールは相手のオウンゴールの1点のみ。対するボーンマスは、シュート4本に留まったものの、前半ロスタイムに見事なカウンターを決めきって同点に追いついた。

後半開始~71分

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル フォーメーション

【ボーンマス】基本:3-4-2-1 守備:3-4-3(5-4-1)
【アーセナル】 基本:3-4-2-1 守備:3-4-3(5-4-1)

ボーンマスは後半開始からフォーメーションを変更し、アーセナルと同じ3-4-2-1とした。フレイザーが右サイドに移り、ブルックスはシャドーに入った。

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル フォーメーション

ボーンマスのフォーメーション変更により、両チームのフォーメーションが噛み合わせとなり、すべての局面でマッチアップが明確となった。前半にベジェリンをフリーにしていた点を改善するための変更かもしれない。

これにより、球際が激しい展開となるものの、個の力で上回るアーセナルがプレスを受けながらも後方からダイレクトパスやレイオフを駆使して前進する場面が増える。

【サッカー戦術分析ブログ〜鳥の眼〜】カバーシャドウ?レイオフ? あまり知られていない戦術用語紹介

迎えた67分、中盤でファールを受けたアーセナルが素早いリスタートで左ハーフスペースに位置するイウォビにボールを預けると、見事なスルーパスをDFの間に通し、最後はコラシナツの折返しにオーバメヤンが詰めてゴールネットを揺らす。アーセナル勝ち越し。

72分~

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル フォーメーション

【ボーンマス】基本:4-4-2 守備:4-3-3
【アーセナル】 基本:3-4-2-1 守備:3-4-3(5-4-1)

72分、ボーンマスブルックスゴスリングに代えて、スタニスラスL・クックを投入。フォーメーションを4-4-2に戻す

80分以降、レルマのミドルシュートがポストに当たるなど、1点ビハインドのボーンマスが猛攻を見せるものの、アーセナルが守りきって勝利を掴んだ。

後半のみのスタッツ

後半のスタッツ(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:SofaScore.com2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 後半スタッツ 2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 後半スタッツ

ボーンマスは後半、シュート7本枠内シュート3本と盛り返したもののゴールにつなげられず。逆にアーセナルシュート10本に対して枠内シュートゴールした1本のみ。

 

【PickUpData】枠内シュートはボーンマスが上回る

マッチスタッツ(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:SofaScore.com

2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル スタッツ 2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル スタッツ

枠内シュートボーンマスが上回り、両チームともにポスト直撃のシュートが1本ずつ。ビッグチャンスアーセナルの1回のみであり、逆のスコアになっていてもおかしくない内容であったと言える。

平均ポジション(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:whoscored.com2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 平均ポジション攻撃サイド(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:whoscored.com 2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル 攻撃サイド

アーセナルは、前半は右サイド、後半は左サイドからの攻撃が多くなった。右サイドからの攻撃では、ベジェリンが早めにクロスまで持ち込むシーンが多く、左サイドではコラシナツイウォビの連携によって崩そうとするプレーが多かった。

ヒートマップ(左:ボーンマス、右:アーセナル)
引用:whoscored.com2018/2019 プレミア 13節 ボーンマス対アーセナル ヒートマップ

アーセナルは全体的に均等なヒートマップとなっているものの、トレイラコラシナツのポジションのプレーが割合が少し多くなっている。PA内中央に進入できていないのとPA手前からのミドルシュートが多かったことが関連しているように思える。

ボーンマスは惜しいシーンを作ったものの、PA内にはあまり進入できていない点がゴールまであと一歩届かなかった点を表していると言える。

【PickUpData】精度が足りなかったムヒタリアン

アーセナルの攻撃スタッツ
引用:whoscored.com

ムヒタリアンのシュート
引用:Arsenal公式

ムヒタリアンシュート7本ながら、枠内シュートはそのうち1本のみ。キーパス2本含め、最終局面での攻撃に関与しているのは間違いないものの、精度が足りなかったと言える。

イウォビの活躍もあり序列が下がっているが、もともとゴールに絡むことができる選手であるはずであり、今後のさらなる奮起に期待したい。

 

【PickUpData】ゴール期待値はほぼスコア通り

ゴール期待値は、アーセナル2.0点に対してボーンマス0.7点。オウンゴールがあったものの、ほぼスコア通りの数値となった。

3-4-2-1は今後のオプションとなるか

 Embed from Getty Images

レギュラーメンバーで初めて3-4-2-1を採用したこの試合。勝利に終わったものの、内容としてはギリギリ及第点といったところだろうか。代表ウィーク中にオプションの成熟度を高めた成果を試合で試したいという思惑かもしれない。

現状のスカッドを踏まえると、コシェルニーマヴロパノスが離脱している中での3バックの採用に疑問は残る。しかし、モンレアルが負傷離脱しており左SBに本職はコラシナツしかおらず、SBでのコラシナツのパフォーマンスが低調であることを踏まえて、より攻守にダイナミックにプレーできるWBでの起用でコラシナツの良さを引き出したい意図があったかもしれない。

また、前線ではシャドーにイウォビムヒタリアンが起用され、エジルはベンチで温存されて出番がなかった。エジルはコンディション不良ではないため、今後のビッグマッチ2連戦へ向けた温存かもしれない。また、パフォーマンスの上がらないムヒタリアンの奮起を促すエメリなりの起用法とも考えられる。

ヴェンゲル時代の3-4-2-1でもエジルはシャドーで起用されており、プレーの特徴を踏まえても、クラシックな10番タイプではなく、ハーフスペースやサイドを状況に応じてうまく使うことのできるエジルはこのポジションでも十分なパフォーマンスを発揮できるだろう。

 

ビッグマッチ2連戦がシーズン折り返し前のターニングポイント

これで公式戦17試合連続無敗をキープ。次節はホームでトッテナムとのノースロンドンダービー、その次はアウェイでマンチェスター・ユナイテッドとの対戦となる。

リバプール戦で結果は引き分けでありながらもBIG6相手に戦えることを示したアーセナルであるが、それ以降、内容は少し低迷している。

”本物”であることを示したアーセナル。アーセナル 対 リバプール レビュー【2018/19プレミア第11節】

基本フォーメーションとしてきた4-2-3-1でのオーバメヤンの左サイド起用もベストとは言えず、4-3-1-23-4-2-1をオプションとして試しつつある。ビッグマッチ2連戦で、エメリはどのような采配を見せるだろうか。

前節の振り返りはこちら