Wエースの決定率100%で大勝!フラム 対 アーセナル レビュー【2018/19プレミア第8節】

プレミアリーグ

Embed from Getty Images 

 

試合結果とフォーメーション

試合結果

2018/10/07 プレミアリーグ第8節
フラム 1-5 アーセナル

29分 ラカゼット

44分 シュールレ

49分 ラカゼット

67分 ラムジー

79分 オーバメヤン

91分 オーバメヤン

【前半】フラム:3-4-3 アーセナル:4-4-2

2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル

アーセナルは今季初の4-4-2を採用。エジルは負傷により欠場。オーバメヤンラムジーはベンチスタート。

対するフラムも今季初の3-4-4を採用。

【後半9分~】フラム:4-3-3 アーセナル:4-4-22018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル

アーセナルが1点リードする54分、フラムは3CB中央のリームに代えてカマラを投入。4-3-3に変更し、カマラが右WGに入り、セリビエットがIHを務める。

アーセナルオーバメヤンラムジーを順に投入。オーバメヤンはそのままラカゼットと2トップを形成し、ラムジーは右SHに入り、ムヒタリアンが左SHに移った。

【後半40分~】フラム:4-3-3 アーセナル:4-2-3-12018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル

リードを3点に広げた80分、アーセナルラカゼットに代えてゲンドゥージを投入し、いつもの4-2-3-1に変更。ゲンドゥージはボランチに入り、トレイラが2列目右に移った。

【PickUpData】シュートを確実にゴールにつなげたアーセナル

マッチスタッツ(左:フラム、右:アーセナル)
引用:SofaScore.com 2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル マッチスタッツ

フラム21本のシュートを打たれたものの、枠内シュートはそのうち4本ビッグチャンス数2回エリア内シュート7本であり、崩されて押し込まれたという内容ではなく、中央の守りを固めて、エリア外からのミドルシュートを打たせたという内容と言えるだろう。

対するアーセナルは、シュート数9本と少し少なかったものの、枠内シュートはそのうち7本であり、結果的に5得点を奪っている。

シュート位置(左:アーセナル、右:フラム)
引用:whoscored.com2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル シュートエリア

両チームのシュート位置を見ても、フラムエリア外かつ遠い位置から多くのシュートを打っているのは明らかであり、対するアーセナルは、多くのシュートをエリア内から打っている。

平均ポジション(左:フラム、右:アーセナル)
引用:whoscored.com 2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル 平均ポジション

攻撃サイド(左:フラム、右:アーセナル)
引用:whoscored.com 2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル 攻撃サイド

ヒートマップ(左:フラム、右:アーセナル)
引用:whoscored.com 2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル ヒートマップ

フォーメーションは4-4-2に変更したものの、左サイドを起点とする攻撃が多いは変わっておらず、ビルドアップでも左サイドで前進し、イウォビやウェルベックのサイド突破などでチャンスを作る場面が目立った。

フラムのヒートマップを見ると、アーセナルはエリア内でのプレー(攻撃)をほとんど許していないことがわかる。

 

【PickUpData】ラカゼットとオーバメヤンのシュート決定率100%

ラカゼットのスタッツ
引用:SofaScore.com2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル ラカゼットのスタッツ

オーバメヤンのスタッツ
引用:SofaScore.com2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル オーバメヤンのスタッツ

ラカゼットオーバメヤンともに、シュート2本のみで2本とも決めておりシュート決定率100%を記録。圧巻のワールドクラスの決定力をこの試合でも発揮した。

【PickUpData】着実に守備戦術が浸透中

アーセナルの守備スタッツ
引用:whoscored.com2018/2019 プレミア 8節 フラム対アーセナル 守備スタッツ

トレイラインターセプト数6回を記録。

ここのところスタメンに定着しているトレイラであるが、間違いなくチームの失点数減少に貢献しており、ボランチでコンビを組むジャカも攻守においてトレイラにより活かされているはずである。

エメリによる守備戦術の浸透は確実に進んでおり、アーセナルがコンパクトな4-4-2ブロックを披露するほどになっている。

 

アーセナルらしいビューティフルゴールと左右対称ゴール

 

アーセナルらしい見事なゴール。カウンターをゴールまで結びつけたのは間違いなくラムジーの推進力であり、関わった全選手がボールの勢いを殺さず、ほぼすべてダイレクトでつなげてゴールネットを揺らした。

シュート数が多くなかった試合の中でも、ラカゼットオーバメヤンが見事な決定力を見せ、サイドからのボールを個人技でゴールに結びつけた。

少ないチャンスをゴールにできるストライカーが2人もいることによって、間違いなく勝ち点の上乗せが期待できるはずである。

4-4-2は今後のオプションになるか

公式戦初の4-4-2を披露したアーセナル。メンバー構成の都合上という要因もありそうではあるものの、前線の起点が増えるメリットを活かして、これまでよりもロングボールや早めにFWに楔のパスを入れることを意図してプレーしており、準備をして臨んだ結果かもしれない。

前半は自陣でパスカットされてショートカウンターを受ける場面が数回あり、そのうちの1回が失点につながった点は今後の課題として残るものの、後半には同じようなシーンも減り、選手交代の采配も見事に当たり、一気に突き放して勝利を決定づけた。

後半途中からオーバメヤンとラカゼットの2トップになり、実際にその布陣で3得点を奪っており、2トップでの共存は誰もが期待する布陣となるだろう。フル出場したムヒタリアンが右SHながら中央にポジションを移すプレーを見せており、エジルが起用される場合も同様のプレーで全く問題なくプレー可能なはずである。

あまり機能しなかったものの、直前のELでは3-4-2-1も採用しており、シーズンインして一定の試合をこなしてきた中で、徐々にオプションのフォーメーションも確立していきたい意図が伺える。プレシーズンでも4-2-3-1を基本としながらも、4-4-23-4-2-1を採用した試合があったため、この3つのフォーメーションをチームとしての選択肢として確立していきたいのだろう。

3つのフォーメーションを柔軟に使い分けるにはスカッドのバランスが物足りないかもしれないが、その時のメンバー構成や試合によってオプションを採用できる状態にしておくことは、シーズンを通して安定した結果を残していくために重要なことだろう。

 

連勝をどこまで伸ばせるか

これで公式戦9連勝を記録し、9月の全勝に続いて10月も好スタートを切った。怪我人がいる中でもうまくやりくりして結果を残してきており、中盤より前のメンバーについては、それぞれの特徴を活かすシーンが徐々に増えてきている。

対戦相手を考えると10月の全勝も夢ではなく、このまま最高の雰囲気で連勝を伸ばしていってほしい。

前節の振り返りはこちら