アトレティコ・マドリー対レアル・マドリー レビュー【16-17CL準決勝 2ndleg】

2017年5月11日CL・EL

2017/05/11 チャンピオンズリーグ準決勝2ndleg
アトレティコ・マドリー 2ー1 レアル・マドリー
11分 サウール
15分 グリーズマン
42分 イスコ

CL準決勝 アトレティコ・マドリー対レアル・マドリー

3点差を追うホームのアトレティコは、試合開始から積極的に前からプレスをかけ、果敢に攻撃に出る。

5分、レアルのコーナーキック。カゼミロのヘディングは際どいコースに飛ぶも、オブラクが片手でなんとか弾く。

11分、右コーナーキックにサウールがヘディングで合わせて、アトレティコ先制!

14分、カラスコのパスを受けたトーレスヴァランを背負いながらPAに入ると、ヴァランに倒されてPK獲得!
PKを蹴るのはグリーズマンナバスが触るも、ボールはゴールに吸い込まれる。アトレティコ2点目!

これで2試合合計スコアで1点差まで迫る。

試合は少し落ち着き、レアルがボールを保持する時間が増える。

30分以降、お互いに中盤で激しく潰し合い、イエローカードが乱れ出る。

42分、スローインからベンゼマが左サイドでボールを受けると、DF3人に囲まれながらもダブルダッチでライン際を抜け出し、中に折り返したボールをクロースがシュート。GKが弾くも、イスコが押し込んで、レアル得点!

これでアトレティコは3点が必要な状況となる。

激しい内容となった前半は2ー1で折り返す。2試合合計スコアは、2ー4でレアルがリード。

後半も変わらず、激しくぶつかり合うシーンが続く。

56分、ヒメネストーレスに代えて、トーマスガメイロを投入。

65分、カラスコが抜け出し、中に切り返してシュートを打つも、これをナバスが弾く。さらにガメイロが押し込むも、これもナバスに防がれる。

70分、後方からのパスをグリーズマンがPA内左で受けると、反転してダイレクトでシュート。際どいコースに飛ぶも、これはナバスが防ぐ。

73分、コケに代えて、コレアを投入。ベンゼマカゼミロに代えて、アセンシオルーカス・バスケスを投入。

75分、コレアの折り返しにガメイロが詰めるも、これはうまく合わせることができず。

ゴディンを前線に上げて、諦めずに攻撃を繰り返すアトレティコ

87分、イスコに代えて、モラタを投入

最後は豪雨がピッチに降り注ぐ中、試合終了。レアルが決勝進出を決める。

アトレティコは敗れたものの本当に良いチーム。一致団結しており、連携がすばらしく、激しいプレスで守りつつ、カウンターや縦に早い攻撃でゴールまで迫る。
前半、パス本数78本という異常な少なさながらも2得点を奪ったことが、チームとしての戦術が明確であり、選手がそれを確実に実行していることを示しているだろう。

後半は少し失速したが、最後まで選手は諦めず、そして最後まで諦めずに応援し続けたサポーター。素晴らしい雰囲気の準決勝となった。

レアルは1stlegのリードを活かして、決勝進出。史上初の連覇を目指して、ユベントスと激突する。ジダンにとっては古巣との対決となった。

レアルはここのところ、前線の破壊力というよりは、チーム全体のバランス勝負強さベンチメンバーの充実が目立つ。

鉄壁の守備と勝負強さではユベントスのほうに分があるが、組織力も身につけつつあるレアルロナウドを筆頭にどう戦うか。全く予想できない、ハイレベルな試合になるだろう。

今シーズンの欧州サッカーを締めくくるCL決勝は、6/3、カーディフにて、レアル・マドリーユベントスとなった。

にほんブログ村 サッカーブログへ