期間限定

アーセナルの各選手の活躍を振り返る【2016-2017シーズン】

2017年5月31日アーセナル

DF編「フル稼働のモンレアルと成長著しいホールディング」

※活躍度 安定感 来季の期待度

ベジェリン ★★  ◆◆◆
シーズン序盤は、持ち味のスピードと運動量、攻撃参加によりチームを支えていたが、冬に負傷離脱して以降、コンディションが戻らず。3バック変更後は右WBのポジションでチェンバレンの控えになるも、最後数試合でようやく本来のパフォーマンスを取り戻した。移籍の噂も絶えないが、アーセナルのサッカーにおいて、強烈なパフォーマンスを見せるSBは必須であり、この選手は欠かせない存在である。

ギブス ★  
シーズンの多くをベンチで過ごした。3バック変更後、モンレアルのCB起用に伴い、左WBとして数試合出場するも、効果的な働きをすることができず。コラシナツの獲得が決定的であり、来季もレギュラーになることは難しいか。

モンレアル ★★★ ●●● ◆◆
左SBにCBとフル稼働。攻撃でも、サンチェスとの連携が徐々に向上し、チャンスに絡む場面も。世代交代も必要であるが、このベテランの安定したパフォーマンスは来季もまだ必要だろう。

コシェルニー ★★★ ●● ◆◆
DFリーダーとしてアーセナルの守備を牽引したが、2つの退場が大きく印象に残るシーズンに。1つ目はCLバイエルン戦2ndleg。奇跡の逆転突破の希望を打ち砕くこととなった。そして2つ目は、リーグ最終節エバートン戦。逆転TOP4入りを目指す中、前半早々に一発レッド。チームは勝利するものの、TOP4入りを逃す。怪我の再発と隣り合わせであることを本人が認めており、フル稼働を求めるのは難しいか。

ムスタフィ ★★ ●● ◆◆◆
加入直後からレギュラーとして定着すると、コシェルニーとのコンビで前半戦は鉄壁のディフェンスを披露。足元の器用さから攻撃面でもプラス効果をチームに与えた。後半戦はパフォーマンスを若干を落としたが、今後のアーセナルを引っ張るCBになることは疑いようがない。来季に期待。

ガブリエル ★★  ◆◆
ベジェリンの離脱により右SBも務めた今シーズン。昨季はラフプレー含め、安定感を欠く印象が強かったが、今季は控えの位置付けながらも、出場した際に徐々に安定感のあるパフォーマンスを見せた。来季に3バックを継続して採用すれば、より出番は増えるか。

メルテザッカー ★  
怪我もあり、出場0でシーズンが終わるかと思われたが、最終節で急遽出番が回り、今季初出場すると、FAカップ決勝では今季初スタメン、そして慣れない3バックながら、MOM級の活躍を見せ、タイトル獲得に最後の最後で大きく貢献した。来季も3バックを継続するのであれば、一定の出場機会はあるかもしれない。いずれにせよ、精神的支柱としても重要な存在だろう。

ホールディング ★★ ●● ◆◆◆
3バック変更後、出場機会を増やした21歳のCB。FAカップ決勝ではジエゴ・コスタを見事に封じ、圧巻のパフォーマンスを披露。このまま順調に成長し、ムスタフィとともにアーセナルのDFの中心選手となることを期待したい。

 

GK編「盤石のチェフ、オスピナ体制」

※活躍度 安定感 来季の期待度

チェフ ★★★ ●●● ◆◆
35歳のベテランGKは、今季も安定したパフォーマンスを発揮し、何度もチームを救った。来シーズンも継続して堅守を発揮してくれることを期待したい。

オスピナ ★★ ●● 
チェフの控えに回り、主にカップ戦での出場となったが、貴重なバックアッパーとして存在感を示した。FAカップ決勝ではビッグセーブを披露し、タイトル獲得に貢献。出場機会を求めて移籍する噂があるが、これほどのGKが控えに居続けることは難しいか。

サンチェス、エジルが残留し、そこにカソルラも共存すれば・・・

CLを逃したことで、サンチェスとエジルの移籍の可能性は高まっている。ジャカがフィットし、ラムジーが持ち味を発揮しだした今、サンチェスとエジルが残留し、さらにカソルラが復帰して共存する日は来るのだろうか。実現すれば、かつての”パス&ムーブ”の美しい攻撃的サッカーが見れるはずであり、それこそ、グーナーたちが期待するアーセナルの姿だろう。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村

人気ブログランキング

とれまがとれまが人気ブログランキング

期間限定

Posted by polestar