乾がメンバー入り!サプライズは無し。日本代表23名が決定【2018ロシアW杯】

日本代表

Embed from Getty Images

2018ロシアワールドカップ 日本代表メンバー23名

GK
川島、東口、中村航輔

DF
吉田、槙野、昌子、植田
長友、酒井宏樹、酒井高徳、遠藤航

MF
長谷部、大島、柴崎、山口
香川、本田、乾、原口、宇佐美

FW
大迫、岡崎、武藤

浅野、井手口、三竿が落選!BIG3は全員メンバー入り

ロシアワールドカップに臨む日本代表のメンバー23名が確定。ガーナ戦招集メンバーから、浅野井手口三竿が落選。皮肉にも、若手3名が落選となった。一方、怪我によりメンバー入りが不安視されたは選出。また、ガーナ戦で良いパフォーマンスを発揮したとは言えない香川岡崎はメンバー入りとなった。

サプライズは無し。乾はスーパーサブ起用か?長谷部はボランチで再検討か?

ガーナ戦での低調な内容から、中島らのサプライズ逆転招集の可能性も期待されたが、結果的にはおおよそ順当な選出に。ただし、がメンバーに残ったことで、唯一スーパーサブとして流れを変えられるカードとなる可能性を残したか。

また、守備的なボランチである井手口三竿の二人が落選したことにより、ボランチの選手層は若干薄くなったように思える。遠藤もボランチで起用可能とはいえ、貴重なユーティリティ性を持った選手をボランチのスタメンで起用する可能性は低いかもしれない。ガーナ戦の内容も踏まえ、ダブルボランチは柴崎大島を主軸とする判断をした可能性もあり、さらには、長谷部をCBではなくボランチで起用するプランも再度浮上してきたかもしれない。

わずかな収穫は大島と柴崎の同時起用の可能性か?【日本代表/ガーナ戦レビュー】