強豪らが苦しみながらも勝利を掴む。グループステージ第2節・振返り【ロシアW杯2018】

ワールドカップ

グループステージの第2節が終了!突破国は?

強豪が軒並み苦戦した第1節。第2節で強豪が本来のパフォーマンスを発揮して巻き返すのか、それともまたもや波乱が起こるのか。

A組「開催国ロシアと強豪ウルグアイが2連勝でGS突破」

ロシア 勝ち点6
ウルグアイ 勝ち点6
③エジプト 勝ち点0
④サウジアラビア 勝ち点0

開催国ロシアがサラー擁するエジプトと対戦。ロシアが開幕戦の勢いそのままに3ー1で退け、一気にグループステージ突破を引き寄せる2連勝チェリシェフ2試合連続MOMの活躍をし、一気に今大会の注目選手として名乗りを上げた。

ウルグアイサウジアラビアと対戦。チーム力に大きな差があると思われた試合。前半にセットプレーからスアレスが先制点を奪ったものの、その後なかなか追加点を奪えず。サウジアラビアの強烈なミドルシュートに脅かされる場面もあったが、1点を守り切って連勝を飾った。

B組「苦しみながらも順当に勝利したスペインとポルトガル」

スペイン 勝ち点4
ポルトガル 勝ち点4
イラン 勝ち点3
④モロッコ 勝ち点0

初戦をスペイン相手に劇的な試合を演じて引き分けに持ち込んだポルトガルモロッコと対戦。ロナウドが初戦に続いてゴールを挙げて先制するも、モロッコも右サイドを中心に果敢に攻め立てて何度もゴールを脅かす。しかし、ポルトガルはGKのルイ・パトリシオの好セーブもあり、なんとか逃げ切って勝利を掴んだ。

一方のスペインは、イラン相手にイニエスタイスコを中心とした圧倒的なパスワークで攻め続ける展開を披露。なかなかゴールネットを揺らせなったものの、ジエゴ・コスタがPA内でターンしたボールがDFに当たってラッキーなゴールで得点。イランはゴールネットを揺らしたもののオフサイドでゴールならず。そのままスペインが勝ち点3を手にした。

C組「初戦に続いて苦しみながらも勝利を掴んだフランス」

フランス 勝ち点6
デンマーク 勝ち点4
③オーストラリア 勝ち点1
④ペルー 勝ち点0

デンマークオーストラリアと対戦。エリクセンがハーフボレーで見事にゴールネットを揺らしてデンマークが先制。オーストラリアはVARの判定によりPKを得ると、これを決めて同点に。その後は両チームともに際どいシーンを作ったもののゴールネットは揺らせず、勝ち点1を分け合う結果となった。

フランスペルーと対戦。この試合でフランスはジルーをスタメン起用。フランスは、ポグバのボール奪取から最後はムバッペが押し込んで先制に成功。その後も攻め立てるフランスであったが、ペルーも反撃。バー直撃のシュートなどもあったが、得点を上げるには至らず。フランスが逃げ切った。

D組「クロアチアがアルゼンチンに圧勝してGS突破」

クロアチア 勝ち点6
ナイジェリア 勝ち点3
③アルゼンチン 勝ち点1
④アイスランド 勝ち点1

注目のアルゼンチンクロアチアカバジェロの信じられないミスからクロアチアが先制すると、その後もクロアチアがペースを握ると、モドリッチがPA手前から見事なミドルシュートを突き刺して追加点。最後はロスタイムにカウンターからラキティッチが冷静に流し込んで決定的な3点目。アルゼンチンはグループステージ突破に向けて、非常に厳しい状況となった。

初戦でクロアチアに敗れたナイジェリアアイスランドと対戦。アイスランドがセットプレーを中心にチャンスを作るも得点を上げられず。すると、ナイジェリアはカウンターからムサが見事なトラップからゴールを奪って先制。そして再びムサがスピードを活かして相手を交わしきり、2点目を挙げて差を広げる。アイスランドはPKを獲得するも、シグルズソンまさかのPK失敗。ナイジェリアが逃げ切って勝ち点3を手にした。

 

E組「ブラジルはロスタイムに勝ち越してなんとか勝利」

ブラジル 勝ち点4
スイス 勝ち点4
セルビア 勝ち点3
④コスタリカ 勝ち点0

初戦に勝ち点1しか手にすることができなったブラジルコスタリカと対戦。圧倒的に攻め立てるも、ネイマールのシュートはたびたびゴールの枠をとらえられず。その後、ネイマールがPKを獲得したと思われたが、VARにより取り消されるシーンも。またも嫌なムードが流れたブラジルであったが、91分にコウチーニョが押し込んで劇的な得点を上げると、97分にもカウンターから最後はネイマールが押し込んでダメ押し。苦しみながらも勝ち点3を勝ち取った。

スイスセルビアと対戦。セルビアのミトロヴィッチが開始早々に高い打点のヘディングで先制点をあげるも、スイスは後半にジャカの強烈なミドルシュートで追い付く。引き分けかと思われた90分、シャキリがカウンターで抜け出すと、最後は冷静にゴールに流し込んで逆転に成功。スイスが劇的に勝ち点3を手にした。

F組「メキシコが連勝も、GS突破を争う三つ巴の状態」

メキシコ 勝ち点6
ドイツ 勝ち点3
スウェーデン 勝ち点3
④韓国 勝ち点0

メキシコ韓国と対戦。韓国がPA内でハンドをして、メキシコがPKを獲得。これをベラが決めてメキシコが先制。その後もメキシコが試合を優位に進めると、チチャリートがPA内でDFを交わして見事な追加点。韓国は後半ロスタイムにソン・フンミンが意地のミドルシュートを突き刺し1点差に迫るもここまで。メキシコが連勝を飾った。

メキシコの術中にハマり初戦を落としたドイツスウェーデンと対戦。ドイツは、不調の司令塔エジルをスタメンから外す。この試合でもドイツがペースを握る展開となったものの、スウェーデンのベリにうまく決められて先制を許す。その後もボールを支配し続けるドイツは後半にロイスの得点で追い付くも、ボアテングが2枚目のイエローで退場。それでも攻め続けたドイツは、後半ロスタイムに手にしたPA左からのフリーキックのチャンスをクロースが完璧なシュートで突き刺し、辛くも勝ち点3を手にした。

G組「ベルギーとイングランドが大勝でGS突破を決めた」

ベルギー 勝ち点6
イングランド 勝ち点6
③チュニジア 勝ち点0
④パナマ 勝ち点0

イングランドパナマと対戦。終始力の差を見せつけたイングランドは、コーナーキックからストーンズが得点を上げると、その後もケインリンガードらが得点を重ね、ケインはハットトリックを達成。パナマは終盤に得点をあげたものの、イングランドの大勝で終わった。

ベルギーチュニジアと対戦。ベルギーがルカクの得点で先制するも、チュニジアはセットプレーを生かして同点に。しかし、ルカクアザールが追加点をあげ、終盤には途中出場のバチュアイも得点。チュニジアは後半ロスタイムに2点目をあげるも反撃はここまで。ベルギーが大勝で順当に連勝を飾った。

H組「日本がセネガルに2度追い付きドロー。コロンビアは快勝」

日本 勝ち点4
セネガル 勝ち点4
③コロンビア 勝ち点3
④ポーランド 勝ち点0

コロンビアに対して歴史的勝利を飾った日本セネガルと対戦。圧倒的な身体能力の前に苦戦が予想されるも、素早い展開と敏捷性を生かして互角以上に試合を進めたが、ミスが重なってマネに先制点を許す。しかし、日本はロングパスを起点に最後はが得意の形からゴールネットを揺らして同点に。セネガルは思い通りにいかないものの追加点をあげる。追い付きたい日本は香川に代えて本田を投入すると、その本田がシュートを押し込んでまたまた同点に。日本は優勢に試合を進めたものの、引き分けで第2戦を終えた。

お互いにまさかの初戦を落としたコロンビアポーランドの試合。コロンビアはハメス・ロドリゲスをこの日はスタメンで起用。すると、初戦で苦い思いをしたハメス・ロドリゲスクアドラードが本来のパフォーマンスを発揮してコロンビアが3得点。ポーランドはレヴァンドフスキが沈黙して得点をあげられず。コロンビアが勝ち点3を手にした。

ポイント「ロスタイムの劇的ゴールが続出」

第1節に続き、強豪が軒並み苦戦した第2節スペインポルトガルフランスが1点差で苦しみながらも勝利を掴んでグループステージ突破に前進。ドイツブラジルは後半ロスタイムの得点で辛くも勝利。苦戦するアルゼンチンはクロアチア相手にまさかの大敗でグループステージ突破が黄色信号の状態。

なんだかんだ強豪が結果を出し始めた中、日本は下馬評を覆す1勝1分で第2節を終え、グループステージ突破に非常に期待を持たせる状況を作った。