新加入選手たちの特徴は?~データ編~【アーセナル | 2018夏】

2018年7月16日プレミアリーグ

今夏のアーセナルの新加入選手たちをデータで分析する

GKレノ、SBリヒトシュタイナー、CBパパスタソプーロス、MFトレイラという4人の新戦力を獲得しているアーセナル。そんな新戦力たちが新生アーセナルでどれほど活躍するかデータを踏まえて分析することで占う。

関連記事:最新の移籍情報はこちら

関連記事:獲得が噂される選手の特徴は?~動画編~【アーセナル | 2018夏】

MFトレイラ:待望の守備で持ち味を発揮するボランチ

まずは、ボランチのトレイラ。ワールドカップでもウルグアイ代表として選出されると、徐々に出場機会を得て、持ち味の守備のアグレッシブさで好パフォーマンスを発揮している。

トレイラ トレイラ_プロフィール

●トレイラの特徴(長所、短所、プレースタイル)

トレイラ 特徴

インターセプトが非常にうまく、ロングシュートセットプレーパスという攻撃面の長所と、タックルブロックという守備の長所も併せ持ち、集中力が高い。攻守に渡って貢献できるボランチであることがわかる。168㎝であるため、空中戦に弱いことは仕方がない。器用な選手が多いアーセナルの中盤において、”戦える選手”は間違いなくチームにとってプラスとなるだろう。

●アーセナルの現ボランチと移籍が噂されるボランチの”攻撃面”のスタッツ比較

ボランチ 比較 攻撃

トレイラはキーパスを出せるだけでなく、ジャカと同様にロングレンジのパスを出せるところは特筆すべきであろう。ジャカの左足トレイラの右足という2つの起点からロングパスを出せるようになれば、ピッチを最大限に広く使った展開で相手を崩す、という選択肢が増えることだろう。

●アーセナルの現ボランチと移籍が噂されるボランチの”守備面”のスタッツ比較

ボランチ 比較 守備

続いて、守備面のスタッツ。リーグの違いはあれど、トレイラの守備面のスタッツは際立っていることがわかる。間違いなく、アーセナルの弱点である守備において、安定感をもたらしてくれるだろう。

ワールドカップでも、ベスト16までの試合で、以下のような素晴らしいスタッツが示す活躍を見せている。

 

DFパパスタソプーロス:空中戦もデュエルも強いCB

この数年改善されてこなかったアーセナルの守備の脆さを打ち消してくれそうなパパスタソプーロス。守備の堅さで有名なギリシャ代表であり、経験値を持つ30歳のCB。

パパスタソプーロス

パパスタソプーロス_プロフィール

●パパスタソプーロスの特徴(長所、短所、プレースタイル)

パパスタソプーロス 特徴

DFながらパスが非常に優れ、空中戦タックルに強く、集中力が高い。特に目立った短所は無く、守備面での貢献はもちろんのこと、ビルドアップでもアーセナルに安定感をもたらしてくれるかもしれない。

●アーセナルの現CBと移籍が噂されるCBの比較

CB 比較

リーグの違いはあるが、1対1の強さ球際の激しさは間違いなくプレミアリーグに必要な要素であり、フィットする素質を持っていると言えるだろう。セットプレーでの失点が多いアーセナルにとって、空中戦の強さも非常に心強いと言える。

 

DFリヒトシュタイナー:1対1で負けない右SB

ナイルズネルソンを強引にベジェリンの控えにしてきたアーセナルにとって、待望の実力派右SBであるリヒトシュタイナーが加入。長年ユベントスの右SBに安定感をもたらしてきたこの選手は、アーセナルでも最終ラインに落ち着きを与えてくれるに違いない。

リヒトシュタイナー

リヒトシュタイナー_プロフィール

●リヒトシュタイナーの特徴(長所、短所、プレースタイル)

リヒトシュタイナー 特徴

主だった長所はなく、空中戦やタックルを苦手とするものの、この選手の貢献度は表しにくいものであろう。ショートパスを好むという点は、アーセナルに合っていると言える。

●アーセナルの現SBとリヒトシュタイナーの比較
※モンレアルはCBでの出場も多いため比較対象外

SB 比較

1対1勝率デュエル勝率が抜きんでており、やはり、守備面で貢献するSBであることがわかる。攻撃面ではベジェリンのほうが優れているが、特徴の異なる右SBが2人揃っていることは、使い分けができてプラスとなるだろう。

GKレノ:GK大国ドイツの有望株

チェフオスピナという盤石のGK陣を揃えてきたアーセナルであるが、チェフの衰えの懸念オスピナの出場機会への不満など、不安要素が積もってきた中で、若い優秀なGKであるレノを獲得したことは非常にプラスとなるだろう。ワールドカップのドイツ代表からは最後に落選したものの、GK大国であるドイツにおいて、26歳で代表レベルであるGKのスキルに疑いようはない。

レノ

レノ_プロフィール

●チェフとレノの比較
※オスピナは出場機会が少ないため、比較対象外

GK_比較_20180704

さすがに経験値豊かなチェフとのスタッツ比較では数字上厳しいものがある。しかし、リーグもチームも変えればまた違ったパフォーマンスを発揮することもありえるし、チェフから学ぶことにより、これからの更なる成長も期待できるだろう。

 

アーセナルの弱点を見事に補う実力派たちが間違いなくチーム力アップに貢献してくれるだろう

ボランチ、右SB、CB、GKという、昨シーズンからアーセナルの弱点であったポジションを見事に実力派の選手たちで穴埋めした補強戦略は見事でしかない。ヴェンゲル体制では、バランスの悪い補強を繰り返し、期待の若手を獲得する傾向が強く、無理矢理のやりくりでシーズンを乗り越えた結果が今の低迷である。

もっとも深刻なDFラインには経験豊かな2人を獲得して、安定感を取り戻そうとしていることが伺える。また、トレイラ、レノという若いながらも実力のある選手たちは、今後のアーセナルの中心選手となってもおかしくない存在だろう。

そして、特にトレイラやパパスタソプーロスは、パス能力も非常に優れた選手であり、ダイナミックで美しいアーセナルのプレースタイルを踏襲していこうとしていることが、補強戦略からも垣間見えるのではないか。戦術家のエメリがしっかりと戦術を浸透させれば、またプレミアリーグでタイトルを争えるチームに返り咲いてもおかしくないだろう。

関連記事:獲得が噂される選手の特徴は?~動画編~【アーセナル | 2018夏】

関連記事:新生アーセナルの2018/19シーズンの布陣はこうなる?