NEXTナイルズは誰?アーセナルの期待の若手選手をチェック

2018年7月14日プレミアリーグ

ナイルズに続きブレイクするのは誰だ?アーセナルの若手選手をチェック

昨季、そのユーティリティ性と冷静なパフォーマンスでトップチームでの居場所を掴んだナイルズ。他にも、エンケティアネルソンウィロックが昨季のプレシーズンでアピールし、ヨーロッパリーグなどでトップチームで出場機会を得た。タレント豊富なアーセナルの下部組織において、トップチームの選手層に割り込んでくる逸材は出てくるだろうか?

今後が期待されるアーセナルの若手選手をチェックしたい。

 

【FW:マヴィディディ】驚異の全員抜きドリブル! ※退団決定

PLAYER DATA

1998/05/31生まれ、182cm、2015年加入
U-20イングランド代表

CF、ウイング

驚愕の自陣PAからのほぼ全員抜きドリブル突破を披露。そのスピードドリブルセンスは一級品。しかし、決定力には改善の余地ありか。
※2018夏にユベントスへの完全移籍が決定

 

【攻撃的MF:ヌワカリ】パスが出せてゴールも決められる万能なトップ下

PLAYER DATA

1998/06/05生まれ、181cm、2016年加入
U-20ナイジェリア代表
トップ下

2015年のFIFA U-17 WorldCupで大会MVP得点ランキング3位に輝いた逸材。

とにかくゴールに絡むことができる選手。ゴール前で落ち着きがあって決定力があり、決定的なスルーパスも出せる。セットプレーのキッカーを務められ、後方からピンポイントのロングパスも出せる。さらには、リーチの長さを活かしたインターセプトもできる。まさしく万能なトップ下の選手といえるだろう。

動画後半のパス編でのロングパスの正確さは目を見張るものがある。

2018/2019シーズンは、ポルトへの1年間のレンタル移籍が決定。

【MF:スミス・ロウ】圧倒的なポテンシャルを持つ17歳

PLAYER DATA

2000/07/28生まれ、182cm、2016年加入
U-18イングランド代表
左サイドMF、中盤センター

中央を突破できるセンスとテクニックがあり、ゴールに直結するプレーができる。セットプレーのキッカーも務められる。とんでもなく曲がるシュートでのゴールが話題となった。

思わず本人がtwitterに投稿するほど素晴らしいドリブル突破

新生アーセナルのトップチームのプレシーズンに帯同中。ボアハムウッド戦では前半45分間出場。
さらに、ICCのアトレティコ・マドリー戦では、スタメン出場で62分間プレーし、見事なゴールを奪った。

 

【MF:アデレード】ナイルズに匹敵するポテンシャル ※退団決定

PLAYER DATA

1998/01/17生まれ、184cm、2015年加入
U-20フランス代表

中盤センター、右サイドMF

足元の上手さがあり、中央のスペースでも小刻みなタッチで相手を交わすことができる。ドリブルで仕掛けることを好む傾向。

ナイルズと同様に2シーズン前にトップチームで出場機会を与えられたものの、その後トップチームに定着はできず。しかし、ポテンシャルは間違いなく、トップチームで背番号22を与えられていることから、クラブの期待は大きい。

2018/2019のプレシーズンはトップチームに帯同している。ボアハムウッド戦では後半45分間出場し、強烈なミドルシュートでゴールを決めている。

 

しかし、2018/7/26にリーグ1のアンジェへの完全移籍が決定した。

【MF:ゼラレム】怪我を乗り越えブレイクなるか?

PLAYER DATA

1997/01/26生まれ、180cm、2014年加入
U-17ドイツ代表→U-23アメリカ代表

中盤センター

華麗な身のこなしで巧みなキープ力を持っている。正確なスルーパスでチャンスを作り出せる。

2017年のU-20ワールドカップにアメリカ代表として出場していたゼラレムであるが、前十字靭帯断裂により、その後13か月の離脱を強いられた。この7月にようやく復帰し、U-23アーセナルのトレーニングに合流している。

【MF:ウィロック】トップチームで出場機会を増やしつつあるMF

PLAYER DATA

1999/08/20生まれ、179cm、2017年昇格(アカデミー出身)
U-19イングランド代表

中盤センター、ボランチ

正確なパスでゲームをコントロールすることができる。正確なトラップ鋭い切り返しで中央突破することも可能。

昨季はトップチームで、EL含めて11試合に出場している。2018/2019のプレシーズンはトップチームに帯同している。ボアハムウッド戦では前半45分間出場。ICCのアトレティコ・マドリー戦では、74分からボランチとして途中出場。

【守備的MF:ベン・シーフ】すでにELでデビュー済み!期待の逸材

PLAYER DATA

1998/02/5生まれ、185cm、2014年加入
元U-18イングランド代表

ボランチ、CB

冷静なゲームメイクで試合をコントロールできる選手。攻守に渡って貢献できる。

昨季はヨーロッパリーグの試合で途中出場を果たしたものの、冬にイングランド4部にレンタル移籍している。

 

【SB:オセイ=トゥトゥ】ベジェリンを脅かす存在になれるか

PLAYER DATA

1998/10/02生まれ、176cm、2015年加入
イングランド
右SB

2018/2019のプレシーズンはトップチームに帯同している。

ボアハムウッド戦では、本職は右SBながら、左SBとして前半45分間出場。ICCのアトレティコ・マドリー戦では、62分から出場し、3-4‐2-1の右WBとしてプレー。

 

First pre season game ⚽

Jordi Osei-tutuさん(@jordi.ot)がシェアした投稿 –

【CB:ビエリク】ポテンシャルは間違いなし!ボランチもできるDF

PLAYER DATA

1998/01/04生まれ、189cm、2015年加入
U-21ポーランド代表
CB、ボランチ

パスセンスがあり、ボランチCBもこなすことができる。長身を活かした空中戦も魅力。

昨季のプレシーズンには、トップチームで出場機会を得ていたもののアピールできず。ポテンシャルを発揮して、トップチームに割り込むことができるか。

※2018/2019シーズンはチャールトンへのローン移籍が決定

エメリは若手をどう起用するか?プレシーズンマッチで要チェック

エメリが監督に就任し、レギュラー組の人選や戦術も不透明であることに加えて、若手選手たちがどのように扱われるのかも注目である。昨季に一定の評価を得た、ネルソンエンケティアウィロックらに加え、その他の選手もプレシーズンでアピールに成功すれば、トップチームで出番を掴むことができるかもしれない。次にブレイクするのは誰なのか、プレシーズンで要チェックである。

強豪同士が激突するプレシーズンマッチ、ICCはDAZNで全試合配信!!