ICC・シンガポールラウンドのアーセナルのスカッドと注目ポイントは?

2018年7月20日プレミアリーグ

ICC・シンガポールラウンドでアトレティコとPSGと対戦!

インターナショナルチャンピオンズカップのシンガポールラウンドで、アーセナルアトレティコ・マドリーパリ・サンジェルマンと対戦する。どちらの試合もDAZNで視聴可能である。

■7月26日(木)
20:35 アトレティコ・マドリー vs アーセナル

■7月28日(土)
20:35 アーセナル vs パリ・サンジェルマン

気になるスカッドは?エジル、イウォビ、エルネニーが合流

アーセナル 2018/2019 プレシーズン ICC シンガポールラウンド スカッド

ワールドカップ参加組のうち、エジルイウォビエルネニーがシンガポールラウンドから合流することが決定。

若手では、昨季にトップチームに帯同したエンケティアネルソンに加えて、プレシーズンでアピールに成功した17歳のスミス・ロウもシンガポールラウンドに帯同することが決定した。これほどまでに期待がかかっているスミス・ロウがシンガポールラウンドでも周囲を納得させるパフォーマンスを発揮することができれば、新シーズンはエジルの控えとしてトップチームに帯同する可能性も出てくるかもしれない。”セスク・ファブレガス”のような新星の誕生となるか。

ボランチでは、新シーズンのスタメンが有力なジャカトレイラが合流前のため、ナイルズゲンドゥージにも出場機会があるだろう。昨季はユーティリティプレイヤーとしてSBなどで起用されたナイルズであるが、本職のボランチでどれほどのパフォーマンスを発揮できるかに注目したい。そして、新加入の19歳のゲンドゥージであるが、ボアハムウッド戦ではわずか15分程度の出場になったものの、高いテクニックセンスを垣間見せ、より長いチャンスが与えられてもおかしくないだろう。

 

オーバメヤン、ラカゼット、エジル、ムヒタリアンの同時出場はあるか?

それぞれの怪我などがあり、昨季ほとんど同時に出場することが無かった前線の4人がついに揃うかもしれない。新生アーセナルを象徴するリーグ屈指の攻撃陣がどのような攻撃を繰り広げるか、期待せずにはいられない。

エメリがプレシーズンのボアハムウッド戦で、オーバメヤンを左ラカゼットをトップで同時起用したため、オーバメヤンとラカゼットの共存も視野に入れていると思われる。実際、オーバメヤンがスピードを活かして左サイドのスペースを突いたり、サイドから内側に切り込んでシュートを狙う形など、オーバメヤンをサイドに置くことで活かせる形も十分にあることから、前線のタレントを最大限に活かすために、オーバメヤンとラカゼットの共存をファーストチョイスとして考えるべきだろう。

シンガポールラウンドに続いて、ビッグロンドンダービーとラツィオ戦

シンガポールラウンドに続き、ダブリンでチェルシーとビッグロンドンダービー。続く8/4(土)には、フレンドリーマッチとしてラツィオとの試合が組まれている。

■8月2日(木)
4:05 アーセナル vs チェルシー
※DAZNで配信

■8月4日(土)
時間未定 アーセナル vs ラツィオ

そして、翌週の8/13(月)には、プレミアリーグ開幕戦マンチェスター・シティをホームに迎え撃つ。エメリ率いる新生アーセナルの新シーズンがついに始まる!