プレミアTOP6のフォーメーションとスカッド確定版【2018/19シーズン】

2018年7月28日プレミアリーグ

プレミアリーグ TOP6 2018/2019 フォーメーション スカッド

エメリとサッリが新たに加わったプレミアTOP6のタイトル争いはどうなる?

アーセナルエメリが、チェルシーサッリが新監督として就任した2018/2019シーズンのプレミアリーグ。エメリ、サッリともに戦術家として有名であり、プレミアリーグに新たなトレンドを生むのだろうか。より注目されるのはサッリであり、ナポリで披露した魅力的なスタイルをチェルシーでも実現するのかが注目される。ペップとの戦術家対決はより一層白熱したものになるだろう。

ワールドカップのために、主力選手の合流が遅れているチームが多いため、新シーズンの布陣は不透明な部分があるが、2シーズン前に3バックが大流行したプレミアリーグにおいて、今度は4-3-3が主流となるかもしれない

マンチェスター・シティのフォーメーション、スカッド

マンチェスター・シティ フォーメーション スカッド 2018/2019

補強はマフレズのみとなったものの、前線の攻撃陣の迫力は間違いなくリーグ屈指のものである。デ・ブライネD・シルバが構える中盤は今季も暴れること間違いなしであるが、そのデ・ブライネが負傷によりシーズン序盤の3か月ほどを欠場することとなった。カギを握る代役にはB・シルバが起用されており、さっそく好パフォーマンスを見せている。

また、アンカーのフェルナンジーニョへの依存も懸念される。ジョルジーニョをチェルシーに強奪されており、代役の確保は叶わなかったものの、ペップはストーンズアンカーにコンバートさせることを示唆している。昨季のデルフの左SBコンバートに続き、コンバートは成功するだろうか。

マンチェスター・シティ フォーメーション 3-5-2 2018/2019

さらに、リーグ第2節には、3-5-2を採用し、アグエロジェズスを共存させるオプションも披露した。更なるオプションを加えて、ペップのシティは今季も快進撃を続けるのだろうか。

マンチェスター・ユナイテッドのフォーメーション、スカッド

マンチェスター・ユナイテッド フォーメーション スカッド 2018/2019

今夏は大きな動きを見せなかったものの、昨冬に獲得したサンチェスが今シーズンはより本来のパフォーマンスを発揮する可能性が高く、上積みが期待できるだろう。ベイルウィリアンの獲得が噂された前線の補強は実現しなかったものの、”新10番”となるラッシュフォードの更なる覚醒があれば、その不安は一掃されるかもしれない。

中盤ではフレッジを獲得しており、プレミアリーグで能力を発揮できるか注目される。CBには、アルデルヴァイレルトマグワイアの獲得が有力視されていたもののこちらも実現せず。既存メンバーの奮起により、鉄壁を築くことができるだろうか。

 

トッテナムのフォーメーション、スカッド

トッテナム フォーメーション スカッド 2018/2019

まさかの補強0で新シーズンを迎えることとなったトッテナム。ポチェッティーノの長期政権が続いており、主力も数シーズン大きく変わっておらず、成熟度が高いことは間違いない。3バックと4バックの併用などの戦術的な柔軟性も持っており、若い選手もまだまだ伸びしろを残しているため、今季も安定した結果を残す可能性は高いだろう。

トッテナム フォーメーション スカッド オプション 2018/2019

さらに今シーズンは、オプションとして4-3-1-2を披露している。昨冬に加入したルーカス・モウラが急激にフィットしてきており、前線で快速を活かしたドリブル突破を披露。中盤ではエリクセンがバランスを取りながらも攻撃時にはデル・アリとのコンビネーションを活かして攻撃を司っている。

もともと3バックや4バックなどの複数のフォーメーションを使い分けていたトッテナムであるが、チームの成熟度を活かし、さらにオプションを増やすことで、安定した成績が残せるようにしようとしている。

リバプールのフォーメーション、スカッド

リバプール フォーメーション スカッド 2018/2019

CL決勝で敗れた雪辱を晴らすため、今季は積極補強でスカッドを大幅に増強したリバプール。破壊力抜群の3トップは今季も変わらず、さらに中盤が大きくスケールアップしており、より攻守に安定した布陣となるだろう。懸念であったGKには、今夏に最も注目株であったアリソンの獲得に成功しており、もはや隙のない布陣となったと言えるかもしれない。

ファビーニョはなかなかフィットせずにシーズン序盤は出場機会が得られていないものの、ナビ・ケイタはレギュラーとして起用されており、さらにベテランのミルナーが衰えの知らない運動量を活かして攻守に活躍している。

チェルシーのフォーメーション、スカッド

チェルシー フォーメーション スカッド 2018/2019

サッリを新たに迎え、新たに4-3-3を採用している新生チェルシー。新加入のジョルジーニョは間違いなくキープレイヤーであり、リーグは変われど、サッリの申し子の活躍に疑問は無い。また、プレシーズンでは、セスクバークリーが重宝されそうな雰囲気を見せていたものの、コバチッチが急激に評価を高めてレギュラーを確保。さらに、IHで起用されるになったカンテが運動量を活かしてゴール前に顔を出すなど、新たなポテンシャルを垣間見せている。

懸念されるのはFWであり、コンテ時代にはモラタジルーへの信頼度はそれほど高くなく、今夏も放出の噂があったが、新監督の下でフィットして、本来のパフォーマンスを発揮することができるだろうか。

 

アーセナルのフォーメーション、スカッド

アーセナル フォーメーション スカッド 2018/2019

22年の長期政権を築いていたヴェンゲルに代わって新監督に就任したエメリ。各ポジションに実力者を補強しており、大きな懸念であった守備は、安定感を得ることができるかもしれない。

オーバメヤンラカゼットエジルムヒタリアンらのリーグ屈指の攻撃陣のタレントをどのように活かすのかが注目される。CL出場権獲得圏内に返り咲いてもおかしくない陣容を揃えたといえるだろう。

より詳細なスカッド情報はこちら

 

プレミアリーグを見るならDAZN!!

注目のプレミアリーグを見るならDAZNで間違いなし。全試合ライブ配信はもちろん、見逃し配信ハイライト番組も見れる。今シーズンからスカパー!でお馴染みであった実況・解説陣もDAZNに参入。