ゲンドゥージがボランチの序列を悩ます活躍!アーセナル 対 PSG レビュー【ICC2018】

2018年7月29日プレミアリーグ

”新10番”エジルがキャプテンとして出場したPSG戦

Embed from Getty Images 

試合結果

2018/07/28 プレシーズンマッチ ICC

アーセナル 5-1 パリ・サンジェルマン

13分 エジル
59分 ヌクンク(PK)
67分 ラカゼット
70分 ラカゼット
87分 ホールディング
90分 エンケティア

アーセナル 2018 プレシーズン ICC PSG

レギュラークラスの選手たちを多くスタメン起用したこの一戦。シンガポールツアーからチームに合流したエジルイウォビエルネニーが揃ってスタメン出場となった。

エジルのコンディションはまだ調整途中とはいえ、オーバメヤンムヒタリアンエジルの3人のコンビネーションを中心にゴールに迫る攻撃を作った。ボランチではゲンドゥージがテンポの良いパスを散らしつつも、積極的に鋭い縦パスを狙って、チャンスにつなげるプレーを見せた。

アーセナル 2018 プレシーズン ICC PSG

後半開始時、イウォビエルネニーレノに代えて、ラカゼットラムジーマルティネスを投入。

ゲンドゥージマルティネスを除けば、新シーズンのスタメンともいえる布陣となった後半。ラムジーの投入により、守備含めてよりアグレッシブなプレーが多くなったアーセナル。しかし、コラシナツがPKを与えて、同点に追い付かれる。

アーセナル 2018 プレシーズン ICC PSG

63分に5人を一挙に交代。オーバメヤンムヒタリアンエジルパパスタソプーロスムスタフィに代えて、エンケティアネルソンスミス・ロウチェンバースホールディングを投入。

中盤はラムジーがより高い位置を常に取るようになり、4-2-3-1から4-1-2-3のような形に変更。IHにラムジースミス・ロウが並ぶ。

若手が積極的にプレーしたことで、このメンバーで一気に4得点を奪い、終わってみれば5-1での圧勝となった。

 

オーバメヤン、エジル、ムヒタリアンの連携

前半、オーバメヤンエジルムヒタリアンの3人が近いポジションでフォローしあいながらダイレクトパスをつないでチャンスを作り出すシーンがいくつか生まれた。ムヒタリアンは左右を入れ替えたり中央に入ったりしながら流動的に動き、積極的にボールに絡むプレーを見せた。やはりこの選手たちが攻撃陣の中心的な存在となっていくのは間違いないだろう。オーバメヤンムヒタリアンは2シーズン目となり、よりチームにフィットした状態でシーズンインすることで、どれほどのパフォーマンスを発揮するのか、非常に楽しみである。

後半には、オーバメヤンラカゼットエジルムヒタリアンラムジーが揃い踏みとなった。ファンタスティック4とも呼ばれる攻撃陣に加え、エメリはラムジーもキープレイヤーという評価をしていることから、このメンバーがベースとなっていく可能性は高いだろう。

しかし、昨季に全員が同時にプレーすることはほぼ無かったため、連携面ではこれから作り上げていくこととなるかもしれない。オーバメヤンのサイド起用での活かし方ラムジーの上下動の活かし方など、まだまだ課題は多いと考えられる。ここにまだ合流していないトレイラジャカを含めてベースが作られていくはずであり、やはり今季は非常に楽しみなスカッドになったと言えるだろう。

ボランチの序列を悩ます好プレーを発揮したゲンドゥージ

Embed from Getty Images

2試合連続でスタメン出場を果たしたゲンドゥージはこの日も好パフォーマンスを発揮。持ち味のテンポの良いパスの散らしは健在ながら、この日はよりアグレッシブに鋭い縦パスを繰り出した。

ボールを持った時に落ち着きがあり、相手のプレッシャーが来ても、足元の上手さでうまくかわすことができる。また、パススピードやパスレンジの長さでは、エルネニーを上回っているかもしれない。

プレミアリーグの試合の強度の中でどれだけ同じようなプレーができるかはこれからチェックする必要があるが、その能力の高さは疑いようが無く、間違いなくトップチームのスカッドに入れるレベルにあると言えるだろう。

またも得点に絡んだ18歳バースデーのスミス・ロウ

この試合では、30分の出場の中でそれほど多くボールに絡んだとは言えないまでも、ラカゼットのゴールをアシストして自分の18歳のバースデーを彩る活躍をしたスミス・ロウ。目に見える活躍をするという点も、彼がこれからスタープレイヤーになっていくことを期待させるものであると言えるだろう。

シーズン開幕まで残り2週間。徐々に骨格が見えてきたエメリ・アーセナル

プレミアリーグ開幕まで残り2週間となり、主力も徐々に合流してきている中で、徐々にチームのベースが見えてきたように思えるエメリ率いる新生アーセナル。残りのメンバーもこのあと合流予定であり、いよいよシーズンインに向けて本格的な調整を進めていくことだろう。シンガポールでの2試合で若手も素晴らしいパフォーマンスを見せており、トップチームのスカッドにどれだけの若手が絡んでくるか非常に楽しみである。

■8月2日(木)
4:05 アーセナル vs チェルシー
※DAZNで配信

8月4日(土)8月5日(日)
3:00 アーセナル vs ラツィオ
※Arsenal Playerで配信予定