プレミアTOP6のフォーメーションとスカッド【2019-2020シーズン | プレミアリーグ】

2019年9月14日プレミアBIG6

プレミアリーグ BIG6 2019/2020 フォーメーション スカッド

スカッドと成熟度が頭一つ抜けているマンチェスター・シティリバプールが優勝を争う展開が予想されながらも、まさかのリバプールの独走状態。他のBIG6は軒並み低調なシーズンを送っており、レスターやシェフィールド・ユナイテッドに上位を譲っている。

ノースロンドンの2つのクラブは監督交代で巻き返しを狙う。ポチェッティーノからモウリーニョに監督交代したトッテナム。エメリから暫定のリュングベリを経てアルテタが就任したアーセナル

そして、若手をうまく起用して結果を出そうとするランパードのチェルシーに、スカッドが心許ないマンチェスター・ユナイテッド

もはや絶対的ではなくなったBIG6は最終的にどこまで上位を取り戻すことができるのか。BIG6各クラブのスカッドとフォーメーションをチェックしよう。

 

マンチェスター・シティのフォーメーション、スカッド

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン マンチェスターシティ スカッド フォーメーション

ここ数年控えが不在だったアンカーにロドリを獲得し、メンディーの稼働率が低い左SBにはアンヘリーノを獲得。さらにはダニーロとのトレードでカンセロを獲得。着実にスカッドを補強した夏に。

しかし、CBの軸となるはずのラポルトが第4節で負傷し、約4ヶ月の長期離脱。さらにはストーンズも9月中旬に負傷して4~5週間の離脱に。フェルナンジーニョをCB起用する試合が続くことに。

さらに、アンヘリーノを獲得し、メンディーも長期離脱から復帰した左SBであるが、ジンチェンコが長期離脱し、メンディーアンヘリーノのパフォーマンスは物足りない状況が続く。

懸念していたCBと左SBのパフォーマンスが低調なことも影響してリーグ戦ではリバプールに大きく離され、優勝は絶望的に。ペップはどれだけ巻き返せるだろうか。

 

マンチェスター・シティの
新ユニフォームをチェックする

 

リバプールのフォーメーション、スカッド

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン リバプール スカッド フォーメーション

昨シーズンまでの完成度を武器に、夏の移籍市場では大きな動きは無し。

それでも、昨シーズンに加入したファビーニョナビ・ケイタがフィットした状態でシーズンインでき、長期離脱していたチェンバレンも復帰したことから、中盤は実質上積みとなりシーズンイン。

シーズン序盤にアリソンの離脱などがありながらも、3トップやファン・ダイク、両SBらが期待通りのパフォーマンスを発揮し続け、リーグ戦を半分折り返しても無敗をキープ。リーグ制覇に向け独走している。

さらに、冬の移籍市場で南野を獲得。フィルミーノマネの控えを務められる南野の加入により、スカッドがさらに強化され、リーグとCLの制覇を狙う。

カメレオン・エメリの奇策の勝算。リバプール 対 アーセナル レビュー【2019/20 プレミア第3節】

 

リバプールの
新ユニフォームをチェックする

 

 

チェルシーのフォーメーション、スカッド

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン チェルシー スカッド フォーメーション

補強禁止のため、冬に獲得済みであったプリシッチとローン後の買い取りにより獲得できたコバチッチが夏に加入したのみ。

ランパード新監督はシーズン前の言葉通り若手を積極的に起用しており実際にエイブラハムマウント、トモリらがレギュラーとなっている。

エイブラハムは得点ランキングで上位に名を連ねるほどコンスタントにゴールを決めており、期待に応えている。

フォーメーションは主に4-3-3と3-4-2-1を使い分けている。

【オプション】4-3-3

2019-2020シーズン チェルシー スカッド フォーメーション 4-3-3

【オプション】3-4-2-1

2019-2020シーズン チェルシー スカッド フォーメーション 3-4-2-1

さらにプレミア第5節のウォルバーハンプトン戦とそれに続くCLバレンシア戦では3-4-2-1を披露。

CBの選手層が豊富とは言えないため3バックを採用し続ける可能性は低いと考えられるが、相手によっては3バックも使い分けたいという思惑なのかもしれない。

チェルシーの
新ユニフォームをチェックする

 

トッテナムのフォーメーション、スカッド

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン トッテナム スカッド フォーメーション

エリクセンの移籍が濃厚が思われたものの結局残留し、ここまでを見る限りモチベーションも問題無さそう。

そろそろ攻撃陣のタレントが引き抜かれてもおかしくないと思われたものの維持に成功し、高いレベルでの戦術理解度とコンビネーションは今シーズンも発揮されそうである。

中盤にはエンドンベレロ・チェルソを補強し、特にエンドンベレは中盤のクオリティーを確実に高めてくれそうな選手。

懸念があるとすれば、ジョレンテトリッピアーが退団しながら補強が無かった高さのあるFW右SBか。

フォーメーションは、4-3-1-2、4-2-3-1に加えて3バックなど、試合に応じて多彩なバリエーションを今シーズンも披露するはずである。

「アーセナルの前後半での変化」と「スパーズのゴールキック」。アーセナル 対 トッテナム レビュー【2019/20 プレミア第4節】

 

アーセナルのフォーメーション、スカッド

【アルテタ・アーセナル】戦術の特徴とエメリ体制からの変化

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン アーセナル スカッド フォーメーション

大型補強した代わりに、移籍市場終盤にコシェルニーイウォビモンレアルムヒタリアンらが移籍し、大幅にメンバーが入れ替わったアーセナル

新戦力がフィットするのに時間がかかるかと思われたが、ペペセバージョスダビド・ルイスらは早々に持ち味を発揮しつつある。

レンタルバックのネルソンチェンバースも戦力として計算できそうなパフォーマンスをプレシーズンで見せ、若手のウィロックはレギュラーに割り込みそうな活躍を見せている。

昨シーズンから長期離脱していたベジェリンホールディングが9月中にも復帰できそうであり、新加入のティアニーも同じ頃に負傷から回復予定。DFラインのパフォーマンスが改善されるのかが注目ポイント

カメレオン・エメリの奇策の勝算。リバプール 対 アーセナル レビュー【2019/20 プレミア第3節】

【オプション】4-3-3(3センター)

2019-2020シーズン アーセナル スカッド フォーメーション 4-3-3

第4節に早くもラカゼットオーバメヤンペペの3トップのスタメンが実現。中盤は3センター。

昨シーズンのボランチ陣に加えてセバージョスウィロックも中盤で計算でき、前線のタレントを活かすためにもこのフォーメーションがベースになっていく可能性もあるだろう。

気になるのはエジルの扱い。中盤の一角として起用するのは難しいはずであり、そうなるとサイドでの起用が必要か。

トップ下を置くフォーメーションを採用する試合もあるとは思うが、フォーメーションによって出番が大きく影響を受けそうである。

「アーセナルの前後半での変化」と「スパーズのゴールキック」。アーセナル 対 トッテナム レビュー【2019/20 プレミア第4節】

 

アルテタ就任後の戦術的特徴はこちら
【アルテタ・アーセナル】戦術の特徴とエメリ体制からの変化

新加入選手の特徴、プレースタイルはこちら

スカッドの詳細な情報はこちら

プレシーズンの振り返りはこちら

 

アーセナルの
新ユニフォームをチェックする

 

マンチェスター・ユナイテッドのフォーメーション、スカッド

2019-2020シーズンの基本フォーメーションとスカッド

2019-2020シーズン マンチェスターユナイテッド スカッド フォーメーション

必須の補強ポイントであったCBにマグワイアを加え、右SBにもワン=ビサカを補強。リーグ経験のある実力者2人を加えたDFラインは確実に上積みが期待できるだろう

しかし気になるのは前線の質と量ルカクサンチェスが退団したものの、補強は21歳のダニエル・ジェームズのみ。ダニエル・ジェームズが期待に応える活躍を見せているが、マルシャルラッシュフォードのどちらかでも離脱した場合は大きな戦力ダウンは免れない。

また、移籍が噂されながら残留したポグバのモチベーションは果たしてどれほどパフォーマンスに影響を与えるだろうか。

 

マンチェスター・ユナイテッドの
新ユニフォームをチェックする

 

DAZN

プレミアリーグを見るならDAZN!!
※プレミアリーグはDAZNで全試合独占配信

Posted by polestar